2018年06月10日

ひめこなつ収穫

近所でさくらんぼを栽培しているみなさんが、さくらんぼ狩りを始める頃、ひめこなつの収穫が始まります。
昨日、ひめこなつの収穫をしました。

DSCPDC_0003_BURST20180609084904476_COVER[2].JPG

1時間早く出勤しました。
収穫用のトレイや三脚、収穫かご、トレイに敷くマット、草刈機などを積み込んで出発。

早朝から、ひめこなつをもりもり食べて、どのくらいの色めで収穫するのか目揃えをして、収穫が始まりました。
最初は、みんなとても慎重。

DSC_0203[2].JPG

2時間ほどすると、目が収穫に慣れてきます。
今年は、養豚部のしげさんが果樹園の仕事が少しできるようになって(養豚部になんと新人が入社!)、一緒に働いています。

DSC_0204[1].JPG

DSC_0202[1].JPG

大勢のみなさんから、ご注文いただきありがとうございます。

DSCPDC_0003_BURST20180609083330247_COVER[1].JPG

暑かったので、水分補給のため休憩。
明日は雨の予報ですが、ひめこなつの収穫をします。
桃は、待ってくれませんから。
posted by こゆき at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年06月06日

アーモンドの木

アーモンドは桜や桃と同じバラ科サクラ属に分類される植物で、桃に似たピンクの花を咲かせます。
防風林として、桃畑の南側に何本かアーモンドを植えました。社長が。

アーモンドの栽培について調べてみると、雨量が多い地域ではイマイチなようです。
水はけが一番大切なようです。
植えた場所はよく乾くところですが、強風に弱いため支柱がいるとのことで、防風林としてはどうなんだろうと思います。
そして、約2000ミリの雨量のあるこの地域では、全くの不向き。
果肉が割れて、中の種が見えるようになると、ここから水が入ってしまい、日本での樹上完熟は難しいそうです。

アーモンドの収穫は難しそうですが、とりあえず植えてあります。
それでも、来年が楽しみです。

DSC_0179[1].JPG
posted by こゆき at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年06月04日

開山祭

第1回中央アルプス鳩打峠登山口開山式が1日に行われました。
登山者の安全を祈願しました。

1528035145020.jpg

1528035099850.jpg

1528035128932.jpg


鳩打峠からは、おなじみの小八郎岳や烏帽子岳に登ることができます。
土日などは中京圏からいらっしゃる方が多いです。
烏帽子岳は全国にたくさんあり、長野県内だけでも7つもあるそうです。
ここの烏帽子岳は、全国の烏帽子岳の中でも最も「烏帽子」らしい姿をしているそうです。
このお話は、長野県山岳遭難防止協会の丸山晴弘さんの記念講演の中のお話です。

DSCPDC_0003_BURST20180601194854300_COVER[1].JPG

山で遭難しないためには、勉強が大切。
せっかく来たのだからと悪天候の中強行したり、中高年なのに1時間に標高差250m以上の速さで登ったり、そういうのは自殺行為ですよとお話くださいました。
安全に楽しく山登りするためには、まずは勉強を。(そうなんだ。)
山の気温は100m上がると0.6度低下する。
山で必要な水分量は、その日の行動時間×体重×5CC。
2ℓの水にコーヒースプーン1杯の塩を加えて、生理的食塩水とするなど、
勉強になりました。

最後に、先生から出されたテスト問題から出題。
この中で、どれが正解でしょう。
1.シラカバは標高1000m以下に限って自生。
2.シラカバ、ダケカンバ共に、1500m以上に限られる。
3.ダケカンバは亜高山帯のみに限られる。

楽しい講演会で、久しぶりに烏帽子岳に登りたくなりました。
正解は3です。

まだまだ、山登りの知識がないので、日帰り登山のみですね。
日帰りだと侮って、ヘッドランプを持って行かないことはだめだそうです。
気をつけます。道に迷って、暗くなったら遭難です。

そうそう、忘れていました。

DSC_0189[2].JPG

人気の缶バッジ。松川町の山に登って、缶バッジをもらってくださいね。

追記
ただ今、出荷業務用のコンピューターが壊れて使用できない状況が続いています。
手書きの送り状や納品書でしのいでおります。
出荷が少ない時期で本当に良かったです。ご迷惑をおかけしております。
金曜日にようやく復活の予定です。
posted by こゆき at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月03日

ひめこなつ、もうすぐ収穫です

DSC_0191[1].JPG

少し、色づいてきました。
ひめこなつの収穫はもうすぐです。

DSCPDC_0003_BURST20180603104620910_COVER[1].JPG


すでに、ハクビシンに食べられています。
電気牧柵の設置を急がなければ。
桃の季節到来です。


posted by こゆき at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年05月24日

二十世紀梨の実

寒かった昨日と比べると、今日の最高気温は15度くらい高くなるかもしれませんね。
今日は暑いです。
昨日の雨が葉っぱに残っていて、午前9時くらいまではびしょびしょになりながら摘果をしました。

DSC_0147[2].JPG


シルバー人材センターから派遣のおじさんたちに助けられながら、毎日、仕事をしています。
久しぶりにT町さんが働きに来てくれそうなことを聞いたので、みんなで楽しみにしてるところです。
posted by こゆき at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年05月21日

ひめこなつ摘果

DSC_0140[1].JPG

ひめこなつの摘果を行いました。
今年は、桜の花が早く咲き、続いてプルーンや桃が咲きました。
りんごや梨を含めて、平年より10日生育は早くなっているようです。
ひめこなつの出荷は6月上旬と予想しています。

桃は冬の間に、摘蕾という仕事があります。
花芽を減らす仕事です。
花の数が減って、実の数も減ります。

DSC_0138[1].JPG

所々、摘蕾の仕事ができていないところがあって、小さな桃の実がびっしりついています。
あらあら。

DSC_0139[1].JPG

来月から、いよいよ2018年産の出荷が始まります。
出荷が始まると思うと、ちょっと緊張します。

ひめこなつは小さな桃ですが、一人前に細かい毛が生えていて、一日摘果していると体中がちくちくします。
収穫の頃、晴天に恵まれるといいなあと思いながら仕事をしました。

家の近くの小川に沢蟹を取りに、近所の子供たちがやってきます。
きれいな水で、蟹が住んでいます。

DSC_0146[1].JPG

posted by こゆき at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年05月13日

トカラやぎななちゃんの子供

トカラやぎななちゃんと、しばやぎはるおの赤ちゃんが生まれました。

1526201658919[1].jpg

1526201654431[1].jpg

なんと、真っ白な子ヤギが生まれました。
今は白いけれど、これからだんだんに色が入ってくるとかないですかね。
顔はしばやぎですが、耳と足が長く、体は大きいです。

おてんばななちゃんは、お母さんらしくなって子ヤギの面倒をよく見ていました。
清流苑にななちゃんと子ヤギがいますので、温泉に出かけた時には見てくださいね。
posted by こゆき at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月11日

鹿に食べられる

DSC_0121[1].JPG

山の果樹園への道は、所々車のすれ違いができないような細い道路を進みます。
新緑のトンネルがきれいです。
誰も通らないかなと心配しながら、写真を一枚撮りました。
森のいいにおいがします。

山の果樹園には、さるや鹿が出ます。
山の果樹園は2ヶ所あり、1ヶ所は電気牧柵があり金網で囲ってありますが、もう1ヶ所は何の囲いもないので、えさの少ない冬場に鹿がりんごの小枝を食べてしまいます。
幹の皮も食べます。
鳥獣害対策で、柵などを作れば半額補助が出る制度があります。
補助が出てもなかなかの出費となるので、一年延ばしで毎年食べられています。

DSC_0122[1].JPG

幹の中を食い荒らす虫が増えています。
幹の中に何本も穴を作り、りんごの木は枯れます。

DSC_0126[1].JPG

DSC_0125[1].JPG

この虫は、最近特に増えています。
ちょっと前まで、みたこともないくらいでしたが、最近は被害が急増しています。

今日最後の写真は、羊のショーン。
毛糸のセーターを脱いで細くなりました。
やぎより、よく草を食べてくれて除草に大活躍です。

DSCPDC_0003_BURST20180508155453791_COVER[1].JPG

次回は、しばやぎ「はるお」&トカラやぎ「ななちゃん」の赤ちゃんの写真を載せますね。
ミックスやぎ、どんな子ヤギが生まれたのかお楽しみに。
posted by こゆき at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2018年05月07日

ジャム&アップルソース

ごぶさたしておりました。
果樹園での仕事が間に合っていなかったということですねえ。
あっという間にいろいろな花が咲き、散って、実になりました。
梨も、りんごも、プルーンも、桃も小さな実をつけています。
摘果の毎日です。
連休中は、みなさん、いかがお過ごしでしたか?

さんさんファームでは、様々な果物を作っていますので、ジャムも作っています。
さんさんファームという会社を作って20年が過ぎましたので、デザインを一新。
ジャム、ジュース、精肉加工品のデザインを変えました。

DSC_0094[2].JPG

DSC_0095[1].JPG

DSC_0096[1].JPG

DSC_0097[1].JPG

無糖のアップルソースも作りました。
りんごだけのほわーんと優しい甘さです。
無糖でも、意外と甘いことに新たな発見がありました。

今までのデザインはけっこう気に入っていたので、今回のデザインは都会風だなと勝手に思っています。
ついに都会になってしまったか(笑)
くだものの栽培から瓶詰めまで自分たちでやっているというところが、当たり前のようだけど「すばらしい!」と思っています(笑)
おしゃれなデザインになったジャムたちを今後ともよろしくお願いします。

さて、長年タイやフィリピンからの農業研修生を受け入れてきましたが、今年からしばらく受け入れをお休みします。
少しさみしい気もしますが、家族だけの時間を過ごしています。
最近、ラーメンやそばやうどんを「すする」ことに情熱を燃やしています。うそです。
「ずずっ、ずずずずっ」と麺類をすすると、外国人は「えー。まじか。お行儀が悪いなあ」という強い視線をこちらに向けます。
ポンさんは、ずずずと日本人並みにすするのがうまかったですけど。

なので、私は何年もすする音を控えめにしてきました。
うどんなのにパスタかという感じで食べていました。
しかし、外国人がいなくなって、ようやく安心してずずっと食べられるようになりました。
日本人に戻りました。
posted by こゆき at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2018年04月11日

桃の摘蕾はもうちょっと

DSC_0088[1].JPG

桜とともに桃の花も満開になって、昨日は人工授粉を行いました。
人工授粉しなくても良い品種がほとんどですが、後半の桃は摘蕾をしなくていい代わりに人工授粉をしなければなりません。

桃の花が咲いても、摘蕾があと少し残っていて、シルバー人材センターから派遣のfさんもお願いして、摘蕾を進めています。
師匠はさんさんファームの柿の剪定を今年も一人で済ませてくれました。
fさんも師匠も80歳。
身軽で若々しいです。
6段や7段の三脚に上ったり下りたりの繰り返しですが、疲れも見せずに元気そうです。
元気な二人は、みんなの目標です。

posted by こゆき at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) |