2017年03月12日

きくすいシードル

喜久水酒造から3種類のシードルが9日発売されました。

南信州のりんごをぎゅっとしぼって、甘口、辛口、スタンダードの3種類の味わいが楽しめます。
11軒の農家の秋映、紅玉、シナノゴールド、シナノスイート、ふじなどがブレンドされています。
さんさんファームからもふじを中心に原料のりんごを少し出荷しました。

DSC06351.jpg

色がきれいですねー。
濾過は1回のみだそうで、りんごの香りが強く感じられます。

まずはスタンダードを(アルコール分6度)。香りが濃くておいしい!
シードルはあまり飲んだことがないという方には、スイートを(アルコール分5度)。甘いのでとてものみやすいです。飲みすぎに注意しなければなりません。
お料理と一緒には、辛口を(アルコール分8度)。お料理を邪魔しないすっきりとした味わいです。

シードルを飲むということが、ビールを飲むことくらい日常になったらいいなあと願っています。
よく冷やしてお召し上がりくださいね。

posted by こゆき at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月10日

雪景色

3月だというのに、最近は真冬のように寒い・・・・・。
今朝は、吹雪でした。

DSC06353.jpg

DSC06356.jpg

DSC06357.jpg

これは我が家のにんにく畑。
さんさんファームのにんにく畑は別にあって、国産の大玉種にんにくを植えてあります。
わたしのは、普通サイズ。タイ人やフィリピン人との共同生活にはにんにくは欠かせない食材です。

ピンクレディーの荷作りをしたり、干し芋のパッキングをしています。

DSC06358.jpg

さんさんファームのピンクレディーは農薬を減らしているので、すす病のためりんごが黒いです。

DSC06360.jpg

こちらは、スタッフのおやつ用の干し芋で格外品です。休憩時間に食べます。

DSC06363.jpg

今年は6種類のさつまいもを作りました。一番人気は、やはりべにはるかでしょうか。
しゃちょーは、昔ながらの玉豊が好きなようです。世の中、べにはるかばかりになっておもしろくないことは確かですね。

晴れてきたので、これから剪定作業に行ってきまーす。現在、オーロラ(洋梨)の果樹園にいます。

posted by こゆき at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月02日

黒豚ぎょうざ

1488437324158.jpg

さんさんファームでは、黒豚餃子を作りました。
しげさんが大切に育てた黒豚が餃子になりました。
普通の餃子とたけのこ餃子の2種類あります。
たけのこはさんさんファームで収穫したもので、桃畑の隅にある竹林で社長が掘ったものです。
たけのこ餃子は、たけのこの風味が感じられます。

DSC06273.jpg

さんさんファーム森の家の売店で、ただ今、販売中です。
黒豚で作ってあるもんで、ちょっと高いんだけど、今ならお試し期間中で安くなっています。
ぜひ、お立ち寄りくださいねー。

1488437336611.jpg

今日は雪景色です。
posted by こゆき at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2017年02月11日

お茶の時間です

午前と午後に仕事の手を休めて、お茶を飲みます。

1486796023357.jpg

雪の桃畑でお茶を飲みました。さつまいもとりんごの簡単なケーキとみかんとお菓子です。
気温は1℃か2℃ですが、太陽が出ていたら暖かいです。
この果樹園は、桃と柿と両方あるので、桃チームと柿チームに分かれて働きました。
最近は、いつも山は雪が降っていて、雲に覆われていることが多いです。
posted by こゆき at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年02月09日

迷う

南水の剪定や誘引の指導を受けた後は、今までのやり方と同じところもあれば違うところもあって、
「どうしたらいいのかわからなくて、手が止まってしまいます。」
とゆーこちゃん。
なおちゃんが、
「今までだってちゃんと南水が収穫できていたのだから大丈夫ですよ。」とフォロー。
剪定の先輩はさすがです。
頼もしいです。
迷ったときやよくわからないときは、しょうちゃんもゆーこちゃんも、なおちゃんを頼って相談しながら切っています。
助け合いながら剪定作業は進んでいます。

先日、町内でピンクレディーを作っている人たちが集まって、Oさんの果樹園を見せてもらいました。
Oさんは、毎年大きくて真っ赤なピンクレディーを生産していて、すごいなあと思います。
市場に出す場合は、大きなピンクレディーはとても高値がつきます。
18玉とはいいませんが、20玉や23玉のピンクレディーを作りたいものですが、去年のさんさんファームのピンクレディーはとーっても小さくてがっかりでした。

木の作り、施肥、摘果など、どれが欠けても大きくておいしいピンクレディーにはなりません。

飛び出した小さな枝の丸い芽は大きなピンクレディーに成長するので、そういった小さな飛び出した枝が出るような剪定をするべし!ということなんですが、それは難問です。
あー。わからない。難しいです。

樹勢が強くなるように、今年は切り詰めて、様子を見ることにしました。



posted by こゆき at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2017年02月06日

冬のスポーツ大会

上大島地区の冬のスポーツ大会が昨日行われました。
夏は、ソフトボールとソフトバレーボール。
冬はバドミントンです。
じゅんちゃんも参加しました。
フィリピンでも高校時代、バドミントンはやっていたようです。

DSC06263.jpg

DSC06264.jpg

DSC06265.jpg

私たちの自治会は、スポーツは苦手な人が多く、毎年和気あいあいとやっています。

DSC06261.jpg

親と一緒に子供たちが大勢いて、試合に出ない人たちで面倒を見ています。
眠くなった子供をあやしているうちに、眠ってしまいました。じゅんちゃんは、優しいので子供たちもじゅんちゃんが大好きです。


posted by こゆき at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

あれこれ、剪定講習会

あっという間に1月が終わってしまいました。

桃の大藤会の全国大会が長野県で開催され100人を超す皆さんが熱心に勉強されていました。
二日間の日程で行われ、二日目はさんさんファームの桃畑が会場になりました。
桃だけ作って生計を立てている桃農家の皆さんが多い中(プロ中のプロですねえ)、りんごや梨が中心のさんさんファームの「桃畑」が会場となって、とても恥ずかしくなりました。剪定の技術はまだまだです。
また、農薬散布が少ないため、害虫の被害や病気の被害が見てわかり、指摘を受けました。

山梨県の南先生が、
「幼木の剪定をしましょうか。」とおっしゃったので、5年生の若木をどんなふうに切るのか教えていただきました。アグンさんが山ほど堆肥を施してくれた雨宮白鳳です。

DSC06208.jpg

DSC06209.jpg

DSC06210.jpg

最後に、各県の代表の方が剪定を行い、学びあいました。

DSC06212.jpg

もしかしたら、さんさんファームの桃の剪定はりんごっぽいかもしれませんね。

りんごといえば、りんごの剪定技術は毎年微妙に変化していて、毎年、剪定講習会があります。

DSC06254.jpg

DSC06256.jpg

今年は、南水の剪定をJAの梅田技師に教えていただきました。
南水は比較的新しい品種なので、新しい技術もありとても勉強になりました。
剪定の仕方、誘引の仕方、実をつける場所、新しい発見がいっぱいでした。

DSC06258.jpg

DSC06259.jpg

DSC06260.jpg

芽すぐりの方法も合わせて教えていただきました。収穫直前に南水が大量に落ちる原因には、芽の向きが大きく関係します。
今年はじく折れで落ちる南水を減らすためにも、横向きの芽を使うことを徹底しようと思いました。

剪定しながら、誘引している今年は、剪定作業がなかなか進んでいませんが、剪定した人が誘引するので、枝の向きや角度は正確になっています。
勉強することは、たくさんあります。
posted by こゆき at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月15日

真冬日!大寒波が来た

金曜日20センチほど、土曜日5センチほど積雪がありました。
先週の日曜日に降った雪がまだある上にどばっと積もりましたが、3kmほど下った小中学校や役場のあたりではうっすらくらいしか雪がなくて、驚いてしまいます。
今回の雪は、隣の高森町や松川町で多かったようです。
それも標高の高いところだけです。

DSC06200.jpg

昨日、果樹園から5時過ぎに帰ってきましたが、その時すでにー6度。
ゆーこちゃんとびっくりしました。寒かったわけです。
しょうちゃんは、新しい防寒長靴を買いましたが、
「相変わらず、足は冷たいです。」と言っていました。
なおちゃんが買った防寒靴はけっこう暖かいらしいです。

昨日は、それでも豚舎の屋根の雪がとけて、つららが長く伸びていましたが、今日は最高気温が-4度という厳しい寒さでした。
お昼頃、温度計を見ましたら−6度でした。
温度計が壊れていると思って、もう一つの温度計を見に行くとそちらも−6度。
壊れたわけではありませんでした。
夕方少し上がって−4度になりました。

DSC06199.jpg

9日から桃やプルーンの剪定をしていましたが、昨日からは南水の剪定を始めました。
標高の低い果樹園は積雪がわずかなので、雪を踏みしめてですがやる気が出ます。

DSC06204.jpg

垂直に伸びた枝はたいてい要らないので、丁寧に切っていきます。
去年からゆーこちゃんが剪定に加わったので、剪定をする人は5人となり、剪定と誘引、両方しています。
大きな木は一人で、一日に1本とちょっとしかできないので、まだまだ先は長いです。
posted by こゆき at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月07日

黒豚ミートソース

DSC06019.jpg

さんさんファームでは、精肉やソーセージを売っていますが、昨年はハンバーグや黒豚みそ漬けも販売を開始しました。
レトルト製品は、ごぼとん丼とミートソースがあります。
レトルト製品は安いというイメージですが、高いです(笑)
でも、とてもおいしいです。

DSC06020.jpg

欲張って大量のパスタをゆでて、ミートソースをかけました。
家事をやりたくないときは重宝ですよ。
野沢菜ソーセージは、今月中にできあがる予定です。
posted by こゆき at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2017年01月04日

おめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
暖かくて穏やかなお正月ですね。

暮れには、清流苑へ長期出張だったぐりとぐらが帰宅しました。
12月28日です。
ぐり、ぐら、お疲れ様でした。
さる対策に役立ったかどうかはわかりませんが、清流苑の皆さんにはかわいがっていただきありがとうございました。
初秋の頃は、まだ蚊がたくさんいて、たくさん蚊が集まってきていました。
そこで、手作りの虫よけ剤を作ってくださったそうです。幸せなやぎたちです。

やぎたちが帰宅した28日の午後、だいどーが「やぎ、生まれとるに。」
えっ。やぎ、生まれとるって誰が産むんな。なに、なに、なに。
なんのことだかさっぱりわかりません。
お母さんやぎのららは、10月に産んだばかりです。

「ぐりだに。」
「えー。ぐり???だって、まだ1歳にもなっとらんじゃ。」
もう、びっくりです。

DSC06180.jpg

里帰り出産です。
「清流苑で産んでも心配だもんで、家に帰ってから産もう!」
と思っていたかもしれません。
清流苑の担当の方に「出産したに。」
と連絡したら、とてもびっくりしていました。

2頭生まれましたが、寒い日で、弱かった1頭は残念ながら次の日死んでしまいました。
一生懸命タオルでこすり乾かして、暖房を入れたのですが間に合いませんでした。
真冬のお産は気をつけていないと命取りです。

自分だって、まだ体が小さくて子供のようですが、赤ちゃんやぎが生まれたらちゃんとお母さんらしく、お乳をやっています。えらいなあ。

2016年の1月は「はるお」と「らら」の夫婦で始まった家族は、ぐり、ぐら、あき、そして今度の赤ちゃんで6頭の大家族になりました。増えすぎですよ。
posted by こゆき at 17:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記