2018年04月11日

桃の摘蕾はもうちょっと

DSC_0088[1].JPG

桜とともに桃の花も満開になって、昨日は人工授粉を行いました。
人工授粉しなくても良い品種がほとんどですが、後半の桃は摘蕾をしなくていい代わりに人工授粉をしなければなりません。

桃の花が咲いても、摘蕾があと少し残っていて、シルバー人材センターから派遣のfさんもお願いして、摘蕾を進めています。
師匠はさんさんファームの柿の剪定を今年も一人で済ませてくれました。
fさんも師匠も80歳。
身軽で若々しいです。
6段や7段の三脚に上ったり下りたりの繰り返しですが、疲れも見せずに元気そうです。
元気な二人は、みんなの目標です。

posted by こゆき at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年04月06日

花粉症

先週の土曜日から、くしゃみ連発。
のどが痛い、目はかゆい。
ならないと思い込んでいた花粉症かもしれない・・・・。
豚の飼料の会社のささきさんは、この道30年というベテランさんだそうで、
「今年から花粉症という人をけっこう聞きますよ。」
と話してくれました。
マスクをかけて、果樹園へ行っています。
オットも時期を同じくして、同じ症状。
この人も花粉症か。
花粉対策用のサングラスを注文しました。
posted by こゆき at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

満開です

DSC07232.jpg

咲き始めたと思ったら、すぐに満開になりました。
我が家のソメイヨシノ。
今年もたくさんの花を咲かせました。
元気で桜の花を見られて、当たり前だけどありがたい。
去年より13日早く満開になりました。
なんと早い!!!!

剪定作業は、まだ、道半ば・・・・。笑えない。

DSC07238.jpg

一冬超えて、羊は大きくなりました。

posted by こゆき at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月21日

オーロラの剪定、行き詰る

豊作と不作が交互にやってくる・・・・オーロラ。
人工授粉に行ったと思ったら「終わりました!」とゆいちゃん。
30分ほどで帰ってきた2010年の春。
タイからの農業研修生ゆいちゃんが配属になった年です。
今は養豚部で豚の飼育をしているしげさんが、まだ、果樹部で働いていたころです。
2010年は、花なんてほとんど咲かなくて、緑の葉っぱしかありませんでした。

だから、鮮明に覚えていて、「偶数年は不作、奇数年は豊作」
今年はどっちだっけと考えるのにも、簡単です。
そして、今年は不作の年。
それでも、ここ5年くらいは不作と豊作の波の幅が狭まって、極端なかんじではなくなっていました。

ところが、今年、剪定をしようと木に向かったら「行き詰まり感」
来年の花芽の確保のため、徒長枝を残してきたら、枝を残しすぎて新しい徒長枝が出てこない。
不作だという今年のために、去年徒長枝を残しすぎました。
不作の年だけれど、おかげで、花芽はたくさんあります。
今年は、思い切りばっさり切って、元気になってもらおうと思います。

剪定してももやもやだったオーロラ園ですが、今年は、すっきりさせます。
来年の今頃、どんな枝ぶりになっているのかとても楽しみです。
早く、来年が見てみたいです。
posted by こゆき at 08:48| Comment(2) | TrackBack(0) |

2018年03月01日

ポンさんが帰国しました

昨年の4月末からさんさんファームで一緒に働いていたポンパットさんが帰国しました。
ポンさんはチェンマイ県に住んでいて、タイで一番高いドイインタノン山のふもとだそうです。
ドイインタノン山は霜が降りるので、バンコクなどから霜を見に多くの観光客が訪れるようです。
帰国後は、新品種のバナナの苗を買ってバナナの栽培を拡大したいと話してくれました。
また、10ほどのコテージを持つホテルを作りたいと話していました。
「ポンさん、ホテルはいくらですか?」と聞くと
「400バーツ(約1200円)」朝ごはんがつくそうです。
社員旅行で行ってみる??(笑)
2020年の東京オリンピックを観戦する為に日本へ来たいと言っていました。

1519308510424.jpg

1519308580412.jpg

国際農業者交流協会、タイ大使館の皆様方にはいろいろお世話になり、ありがとうございました。

DSC06513.JPG

posted by こゆき at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月26日

加工品の出荷

KIMG1842[1].JPG

さんさんファームでは、瓶詰め加工製造免許を取って、自社生産の果実を使い加工まで行っています。

DSC_0025[2].JPG

レトルト製品はレトルト製造の機械がないため、製造は外注しています。
りんごと一緒に名古屋市内の取引会社へ発送しました。
日本中、働いているお母さんは多いので、温めると食べられるものの需要は高まっていると思います。
レトルト食品は、無機質な感じで誰がどんなふうに作っているのかと自分でもそう思います。
さんさんファームでは、加工部のみんながお鍋でコトコト煮ています。
でも、レトルトになっちゃうとそう感じられないので残念です。
posted by こゆき at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2018年02月25日

南水の剪定作業が続いています

7度くらいの日が続いて、日影の一部を除いて、雪はすっかり消えました。
大雪だった前回のブログの次の日、一番標高の低い果樹園へ行ってみました。

DSC_0011[1].JPG

DSC_0009[1].JPG
       標高800m

      ↓   ↓   ↓

DSC07156[1].JPG
       標高480m
DSC07158[2].JPG

これが同じ日の風景です。
自分の家の周りが大雪なら、松川町内はみんな大雪だと思っていたら、役場のあたりから下はぜんぜん雪がなくて驚きました。
「なんだ、こりゃ。」

桃やプルーンの剪定を一部終えて、南水の剪定作業に戻っています。
DSC_0028[1].JPG

DSC_0029[1].JPG

和梨、洋梨とも棚仕立てになっていて、剪定しながら梨棚にひもで固定していきます。
実をつける枝は6年ほどで若い枝と入れ替えていくので、常に更新のための若い枝を育てながらです。
太い枝は、カッターで切り込みを入れて、回転をかけながら倒します。
1発で倒すものがほとんどですが、カーブをかけてカーブの頂点の芽が動き、枝となって2年がかりで予備枝を作る場合もあります。

DSC_0026[1].JPG

InkedDSC_0027[1]_LI.jpg

2月ももうすぐ終わりで、剪定作業が進んでいないことに焦りを感じます。
いつものことだけど・・・。



posted by こゆき at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月13日

いよいよ大雪

DSC_0003.JPG

果樹園の雪がだんだんと解けてきて、地面が見えるようになったと思ったら、昨日から大雪です。
土曜日には、ラフランス園の剪定枝を燃やすことができましたが、ちょっと残ってしまいました。
続きは、まだまだ先になりそうです。
一人で枝を燃やしていたぽんさん。隣のりんご園で働いていたおじさんに、
「お茶を一緒に飲みましょう。」と誘ったそうです。
「ぽんさんが誘ってくれたもんで、一緒にお茶を飲んだぞ。」とおじさんがそう話してくれました。
すごいじゃ。ぽんさん。

さてさて、大雪なのは標高の高いここらへんくらいで、3kmほど下ると道路に雪はなく乾いているそうです。
事務所は、標高800mを超えているため40cm以上積もりました。
昨日は何度も雪かきに追われました。
昨日は、さすがに運送会社のトラックが上っていくことが無理そうで、事務所から出荷の荷物は1.5kmほど下ったところにある果樹部の出荷場まで自分たちで運んできて出荷となりました。
 
DSC_0001.JPG

いつもは、堆肥出しや堆肥の切り返しに使っているタイヤローダーが雪かきには便利です。
生活道路の除雪は、自分たちで行います。

DSC_0002.JPG

除雪した雪の山がだんだん大きくなってきました。
子供たちが小さなころは、時々かまくらを作りました。
かまくらの中に果物のコンテナをテーブルや椅子にして、うどんを食べたことがありました。
かまくらでうどんを食べたことは冬の思い出です。
泊りがけでスキーに行ったことより、強烈な思い出かもしれません(笑)

明日からは標高の一番低い果樹園へ行って、プルーンや桃の剪定をしようかと思っています。
この雪で、剪定作業が遅れてしまいました。
posted by こゆき at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月30日

ラフランスの剪定

DSC07113.jpg

ラフランスの剪定をしています。
あと少しで終わります。
雪を踏みしめて働いています。
posted by こゆき at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月24日

雪荒れ

DSC07102.jpg
             梨の木
東京では、雪による交通の乱れがあり、発送したりんごの到着が遅れています。
思ったほど、こちらでは積雪がなくほっとしています。
初めてのまとまった雪で、タイ人のポンさんはとても喜んでいました。

DSC07093.jpg

「雪の上にねます。写真、お願いします。」
というポンさんのリクエストによる写真です。
重い雪だったので、梨やりんごの木に雪が積もって、それはそれはきれいでした。
気温が低くて、さらさらの雪ではこんな風景にはなりません。

DSC07099.jpg

DSC07095.jpg

ラフランスの剪定をしていましたが、雪のため中断です。
ジュース用のりんごの選別をしたり、冷蔵庫の中のりんごの整理をしたり、芋干しを作ったりと室内での仕事となりました。
吹雪とともに台風のような強風が吹き、外に積んである空のコンテナが、何度も音を立てて崩れました。
日中は、少し気温が上がり雪がとけました。
少し暖かいと思って、温度計を見ると1度でした。
1度は暖かい(笑)。
今日と明日は真冬日になりそうです。
木曜日の予想最低気温はマイナス13度です。嫌だなあ。
posted by こゆき at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記