2016年01月27日

りんごの剪定講習会

1453805813592.jpg

JAの技術員北原さんをお願いして、近所のおじさんたちとりんごの剪定講習会。
参加者の果樹園を巡り、実際に説明しながら切ってくださいます。
隣の洋梨園では、JAの洋梨の剪定講習会が行われていました。
この時期、あちこちで剪定講習会が開かれています。何年この仕事をやっていても、講習会では学ぶことが多いです。
特に、りんごの剪定に関しては、新しい技術が加わって、
「へー、そんなふうに切るのか。」とおじさんたちも私もびっくりします。
枝の先端が二本に分かれていたら、片方を剪定ばさみくらいに切って、もう片方の枝は、芽を飛ばす・・・みたいな。
「おー!」っていう感じです。
何年やっていても、わからないことだらけです。

最低気温が−14℃くらいなので、9時からの剪定講習会といっても非常に寒くて、足が冷たいのなんのって。
集合場所だった鈴木さんの果樹園では、火をたいてくれてあってありがたかったです。
posted by こゆき at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年01月25日

今朝の最低気温

1453677664522.jpg

朝のミーティングの後、しげさんが外にある温度計を持ってきて、「今朝、-15℃でしたよ。」と言いました。温度計が壊れている??
我が家の百葉箱の中にある温度計も調べました。気象観測を長年欠かさなかった父の形見の温度計です。
百葉箱の温度計は、-12.5℃ やっぱり外気温は-15℃くらいあったんですね。
雪が積もると、厳しい寒さがやってきます。

1453678635863.jpg

毎日のように雪が降るので、雪が楽しみだったポールさんも「もう、雪はいりません。」と話していました。
でも、雪かきは楽しいようです。

posted by こゆき at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月20日

初めての積雪

1453269040388.jpg

今シーズン、初めての積雪となりました。
おとといの夜から昨日、そして真夜中から今朝までにけっこう積もりました。
昨日と今日の仕事は、まず、雪かき。
(松本市方面では、昨日の雪でビニールハウスの倒壊があったそうです。)

喜んでいるのは、ポールさんだけです。「スノーマン、つくりたい。」という話を聞いていたrちゃんが、手助けしてあげたようです。

1453269494751.jpg

吹雪の中の雪だるま・・・ポールさん作   あー、寒そう。

1453270178903.jpg

駐車場は、この写真を撮った後、さすがに機械を使って雪かきをしました。
posted by こゆき at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ジュース工場見学

1453267554504.jpg

ジュース工場へ行く機会があり、工場見学させてもらいました。
白衣を着て、帽子をかぶり、工場内専用の長靴に履き替えました。まずは、手洗い。
果汁を充填するような部署では、長靴もさらに履き替え、エアシャワーをしたあとは、もう一度手洗いをし、マスクを着用しました。

写真は、ラフランスの洗浄の様子です。(さんさんファームのラフランスです。)
衛生管理が徹底された清潔な工場で製造されていて感心しました。
忙しい中ご案内いただいた社長さん、ありがとうございました。
posted by こゆき at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2016年01月18日

ふじの出荷

昨年から引き続き、ふじを出荷しています。
大きめのふじはほぼ完売となっており、現在は小さいサイズのふじを出荷しています。

1453078825134.jpg

冷蔵庫の扉には、昨年の農業研修生のわんちゃんが書いた絵があります。日の丸をイメージしてあるのかな。自画像?芸術家わんちゃんの傑作です。
この絵を見るとわんちゃんがなつかしくなります。

1453078805237.jpg

小さいサイズのふじは、収穫の時に果樹園で選別して(だいたい250g以下のもの)、その日のうちに冷蔵庫へ入れてしまいます。
小さなサイズのものもだいぶ減ってきましたがまだありますので、良かったらご注文をお願いします。

posted by こゆき at 11:59| Comment(3) | TrackBack(0) | りんご

ラフランスの剪定

1453078849017.jpg

今年は、厳しい寒さがないので、ラフランス園の草は、青々としてとてもおいしそうです。
剪定をしているので、やぎを連れて行きました。犬は、喜んで軽トラの荷台に飛び乗りますが、日本語がわからないやぎは、抱えて乗せないといけないので、重労働です。

しばやぎららちゃん、どうもご懐妊の様子。
毎年冬になるとしばやぎの赤ちゃんが生まれます。予定日は不明です。

1453078862417.jpg

剪定の傍らでは、高圧洗浄機を使って、洋梨の木に生えた苔を落としています。
樹齢50年といったところでしょうか。

1453082388815.jpg

1453082401754.jpg

きれいになりました。
昨年のラフランスははちょっと小さかったので、今年は豊作になるように祈りました。

1453079413601.jpg






posted by こゆき at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年01月05日

Leche Flan

大晦日に、ポールさんがフィリピンでのパーティーに欠かせないというデザートを作ってくれました。
レチェフラン。かつてスペインの植民地だったというフィリピンの歴史を知り、これは、スペインのお菓子だそうです。

材料→→ 卵の黄身8個。コンデンスミルク1缶。エバミルク400cc。砂糖は適当。バニラエッセンス少々。

エバミルクというものが、田舎には売られていないため、牛乳をひたすら煮詰めてみました。エバミルクっぽいもの完成です。

1451972783037.jpg

エバミルクっていうものを飲んだことがないのですが、煮詰まった牛乳のにおいをかいで、ポールさんは「においはエバミルクになってきました。」と喜んでいました。
紅白歌合戦を見ながら、ビールを飲み、レチェフランも合間に作りました。
ポールさんは、熱狂的なAKB48のファンなので、AKBが出てくるのを今か今かと待っていました。

蒸すこと35分。完成しました。
実は、ポールさん、レチェフランを作るのは生まれて初めて。本当は、どきどきしながら作っていたようです。

1451972850219.jpg

少し固めのプリンです。練乳が入っているので、とてもおいしかったです。
自分でも作ってみたいなあと思いました。
フィピリン料理は、アドボ、ティノーラに続いて3つ目。帰国まであと2カ月足らず。もう少し、何か教えてもしいかも。
posted by こゆき at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今年もよろしくお願いいたします

1451972654672.jpg

2016年が始まりました。
暖かく穏やかな日が続いていますね。皆さんのところでもきっと暖かなお正月だったことでしょう。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

さんさんファームは、豚や鶏を飼っていますので、全員が休みということがなく、年末年始も誰かしら働いています。
豚は、出荷がなければ大きくなるだけですが、鶏は、年末年始関係なく卵を産むんだなーと改めて感じました。当たり前のことなんですが、しみじみと「大晦日とか元旦とか関係ないんだねえ。」と鶏に話しかけていました。

休みも、比較的自由なので、だんだんと出勤の人数が増えて、7日には全員そろいます。

今年は、申年。

DSC05051.jpg

しげるくんの家は山のすぐ近くなので毎日サルを見ますが、私の家は山からはちょっと離れています。サルが来るのはとても珍しいことです。

昨年末には、我が家にもいよいよ3匹のサルがやってきました。
最初は、隣の家のガレージの屋根にいて、ゆーこちゃんが第一発見者。
「サルです。サルです。とても大きいです!!」
隣の家の方も追い払いに出てきました。
ガレージの屋根から、竹やぶに飛び移り、さんさんファームの出荷場の3階の屋根に飛び乗りました。
ほんの一瞬の出来事でした。
そのうち気が晴れたのか、3匹は山の方へ帰っていきました。

サルと人の生活圏ぎりぎりで生活している方たちも多いです。(しげるくんもその一人ですけど。)
市田柿を作っているSさんの家では、ビニールハウスに市田柿を干し始めてからは、お昼の時間にサルが食べに来るので、ビニールハウスで昼ご飯を食べていたそうです。
ビニールハウスにネットを張ってあっても、ネットを上手に持ち上げて、中につるしてある柿をはずして、両手にもって、人間のように2本足ですたすた歩いて帰っていくそうです。
「柿は取られてなるものかと頑張っていたけれど、持って行かれた。悔しい。」と話してくださいました。

今年も、人間とサルの戦いはまだまだ続きます。
posted by こゆき at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記