2016年02月27日

らら、出産

1456453126980.jpg

しばやぎのららが、子やぎを出産しました。
午後1時ころ、果樹園で出産です。暖かい日で良かったです。
今年は、2頭。オスとメスです。
午後のお茶の後、スタッフはみんなで子やぎを見に行きました。かわいいですよね。

1456529022212.jpg
1456529007953.jpg



posted by こゆき at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月25日

ポールさん、帰国

ポールさんは、今日11時の飛行機でフィリピンへ帰ります。
昨日は、東京で修了式があり出席しました。

DSC05331.jpg

東京へいってから、「さんさんファームのみんなは、今日はどんな仕事をしているのかなあ」と毎日思っていてくれるようでした。
中川村で研修していたロナルドさんが、
「ポールさん、今日はシャワーじゃなくて、みんなでお風呂へいこうよ。ポールさんは、一人、毎日シャワーだけど、日本で最後の夜だよ。みんな一緒にお風呂へ行こう。」と誘ってくれていました。
清流苑(町営の温泉)には行ってたけどねー。

DSC05336.jpg

長野県内で研修していたロナルドさん、ラプさん、ポールさん、埼玉県で研修していた「えだまめさん」←わたしの隣の小さな彼。
みんな、それぞれ苦労したこともたくさんあったと思います。一生付き合える大切な友人です。

DSC05340.jpg

マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ。それぞれの国の研修生たちの出し物があり楽しませてくれました。

今日から、暑いフィリピンでの生活が始まります。
ポールさんには、ずっとchallengeする気持ちを持ち続けてほしいなあと思います。
posted by こゆき at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月22日

ポールさん、研修終了

さんさんファームでの研修を終えて、今朝、ポールさんは東京へ出発していきました。
毎年、この日を迎えると、ほっとします。
肩の荷が下りた感じです。

7年間、タイからの農業研修生を受け入れていましたが、久しぶりにフィリピンの青年でした。
最初に困ったのは、日本語があまり話せないこと。
フィリピン人なので英語は得意です。こっちが英語で話せたら良いだけのことなんですが。
こつこつと地道に日本語を教えました。私だけではなくて、スタッフも同様です。

「早く、日本語おぼえてー!」とみんなに叱られながらも、送別会でのスピーチはポールさんの思いのたけを全部話すことができ、本当に素敵なスピーチでした。

1456124845441.jpg
      なにやら熱く語るポールさん

途中、いろいろあったね。
なおちゃんやだいどーやしょうちゃんといった20代の青年の輪の中になかなか入ってくことができず、みんなを集めてミーティングをしたことが、今はとても懐かしいです。
だいどーのことは、ずっと「こわい。こわい。」と言っていたけれど、最後はちょっとだけ話すことができました。
最後に握手をしただいどーから「こんな柔らかい手をしていちゃだめだ。もっと。フィリピンで農業、頑張って、手の皮が厚い男になれ。」と言われていました。

「みんな親切にしてくれて、しあわせでした。ありがとう。」
号泣のポールさんでした。

10か月間、お疲れ様でした。
フィリピンに帰ったら、お金を貯めて軽トラを買うのがポールさんの今の目標です。
次に会うときには、ごつごつした手になっているかな。5年後、10年後のポールさんを楽しみにしています。
posted by こゆき at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

洋梨の剪定作業

DSC05324.jpg

ようやく洋梨の剪定作業が終わりました。
ラフランス、ルレクチェ、バラード、オーロラ、それぞれ特徴があり、剪定方法も違います。
この中では、バラードが和梨と仕立てが似ていて、切りやすいです。

DSC05321.jpg

剪定し終わった枝は、運搬車で集めて燃やします。
火力が上がるまで、ちょっと苦戦しましたが順調に燃えました。燃やすことが上手な人と下手な人がいて、下手な人が上手になるのは、けっこう難しいかもしれません。

DSC05319.jpg

風の方向などで、まゆ毛やまつ毛や前髪が時々焦げてしまいます。
ポールさんもまゆ毛がちりちりになりました。枝を燃やす日は、頭から足まで煙臭くなってしまいます。
枝を燃やすと果樹園が急にすっきりして気持ちの良いものです。

posted by こゆき at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年02月11日

干し芋、干し柿

DSC05077.jpg

市田柿のパッキングのほかに、干し芋の製造が始まっています。
冷蔵庫は、ものを冷やしますが、さつまいもは寒さが苦手で腐ってしまいます。10度以下にならないように、暖めた部屋の中で保管しています。
低温によるさつまいもの腐りは、全くなく品質はとても良くうれしい限りです。

DSC05073.jpg

DSC05074.jpg

1月中旬から干し芋を作っていますが、まだ80コンテナほど残っていますので、これからのお楽しみです。
最近は、北風が吹いて乾きが良いのですが、玉豊になったら乾燥に少し時間がかかると干し芋主任の「Tおとうさん」が話していました。

昨年は5種類のさつまいもを栽培しました。紫いももありますし、にんじん色のお芋もあってカラフルです。
食べてみるとそれぞれ味が違って楽しめます。好きな味は人それぞれですが、私はシルクスイートの干し芋が一番好きです。
posted by こゆき at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品