2018年02月25日

南水の剪定作業が続いています

7度くらいの日が続いて、日影の一部を除いて、雪はすっかり消えました。
大雪だった前回のブログの次の日、一番標高の低い果樹園へ行ってみました。

DSC_0011[1].JPG

DSC_0009[1].JPG
       標高800m

      ↓   ↓   ↓

DSC07156[1].JPG
       標高480m
DSC07158[2].JPG

これが同じ日の風景です。
自分の家の周りが大雪なら、松川町内はみんな大雪だと思っていたら、役場のあたりから下はぜんぜん雪がなくて驚きました。
「なんだ、こりゃ。」

桃やプルーンの剪定を一部終えて、南水の剪定作業に戻っています。
DSC_0028[1].JPG

DSC_0029[1].JPG

和梨、洋梨とも棚仕立てになっていて、剪定しながら梨棚にひもで固定していきます。
実をつける枝は6年ほどで若い枝と入れ替えていくので、常に更新のための若い枝を育てながらです。
太い枝は、カッターで切り込みを入れて、回転をかけながら倒します。
1発で倒すものがほとんどですが、カーブをかけてカーブの頂点の芽が動き、枝となって2年がかりで予備枝を作る場合もあります。

DSC_0026[1].JPG

InkedDSC_0027[1]_LI.jpg

2月ももうすぐ終わりで、剪定作業が進んでいないことに焦りを感じます。
いつものことだけど・・・。



posted by こゆき at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182507370

この記事へのトラックバック