2017年07月13日

ソーセージ作り体験できます

さんさんファームでは、ソーセージ作りやガレット作り体験ができます。
さくらんぼ狩りに来たけれど、ちょっと時間が余った・・・とかいうときには、さんさんファームへぜひおいでください。

清流苑で一晩ゆっくりして、フォレストアドベンチャーに行って、りんご狩りをして、ソーセージ作り体験ていうのはどうでしょうかね。
松川町に来たら、シードルやりんごワインもぜひ飲んでいただきたいです。

1499840620000.jpg

さあ、できました。(作っている写真がなくてすみません。)

1499840565403.jpg

ボイルしたてのアツアツのソーセージをどうぞ。
みなさん、いい笑顔ですね。
また、来てくださいね。お待ちしています。

posted by こゆき at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2017年06月15日

初夏ですが野沢菜の収穫です

DSC06524.jpg

梅の花が散るころ蒔くと良いと教えてもらった野沢菜は、すくすく成長して刈り取りができるようになりました。
双葉の頃、けっこう虫に食べられて、だいどーに「防虫ネットをかけんとだめだら。」と言われましたが、穴はあいているもののそんなにひどくならずに済みました。
無事に刈り取りです。

DSC06520.jpg

DSC06519.jpg

今年、さんさんファームの合言葉は、「共同作業」
・・・・私が勝手に決めた合言葉です。
果樹・生産部と加工所のスタッフは一緒に働く機会がなかなかないため、今年は、そういう機会を作るように心がけています。

加工所のスタッフと野沢菜の種まきをしたなおちゃんが一緒に刈り取りを行いました。
50kgほど漬け込みました。
野沢菜ソーセージになります。
posted by こゆき at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2017年05月03日

お味噌

剪定作業がまだ残っていますが、剪定し終わった果樹園の剪定枝の片付けや、洋梨(ラフランス、オーロラ、ルレクチェ)と二十世紀梨の人工授粉を行いました。
また、女性陣は、味噌を仕込みました。

DSC06443.jpg

DSC06446.jpg

十分水に浸した大豆を4時間煮込みました。
煮込んでいる間に、塩と麹を混ぜました。

DSC06445.jpg

ゆーこちゃんは、「手がすべすべです。温泉よりもすべすべ感はすごいかもー。」と大喜びでした。

DSC06448.jpg

近くの地区の方から、豆をつぶす機械をお借りました。この機械は手作りだそうです。
モンブランのように、豆がどんどんつぶれていきます。
豆と麹と塩、少量の水を入れてお団子にしました。樽にどんどん詰めていきます。

DSC06455.jpg

「麹が多いので、甘めの味噌ができると思いますよ。」と麹をお世話になったお店の方がそう言ってくださいました。
麹を買いに行ったとき、タイ人のポンさんも一緒でした。
ブログに書いていませんでしたが、今年の農業研修生はポンパットさん、23歳です。
麹屋さんで待っているときに、甘酒と漬物をごちそうになりました。
どちらも日本で初めて食べる食べ物。どちらもお気に入りでした。良かったです。
(日本人だけど、甘酒が苦手な人がいました。なおちゃん(笑))

1493693271151.jpg
おばあちゃんと電車に乗る練習をしました。

posted by こゆき at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2017年03月02日

黒豚ぎょうざ

1488437324158.jpg

さんさんファームでは、黒豚餃子を作りました。
しげさんが大切に育てた黒豚が餃子になりました。
普通の餃子とたけのこ餃子の2種類あります。
たけのこはさんさんファームで収穫したもので、桃畑の隅にある竹林で社長が掘ったものです。
たけのこ餃子は、たけのこの風味が感じられます。

DSC06273.jpg

さんさんファーム森の家の売店で、ただ今、販売中です。
黒豚で作ってあるもんで、ちょっと高いんだけど、今ならお試し期間中で安くなっています。
ぜひ、お立ち寄りくださいねー。

1488437336611.jpg

今日は雪景色です。
posted by こゆき at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2017年01月07日

黒豚ミートソース

DSC06019.jpg

さんさんファームでは、精肉やソーセージを売っていますが、昨年はハンバーグや黒豚みそ漬けも販売を開始しました。
レトルト製品は、ごぼとん丼とミートソースがあります。
レトルト製品は安いというイメージですが、高いです(笑)
でも、とてもおいしいです。

DSC06020.jpg

欲張って大量のパスタをゆでて、ミートソースをかけました。
家事をやりたくないときは重宝ですよ。
野沢菜ソーセージは、今月中にできあがる予定です。
posted by こゆき at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2016年12月27日

サイレントカッター

精肉加工所に、サイレントカッターが導入されました。
ソーセージを作るときに使う機械です。
エマルジョンタイプのソーセージには、特に力を発揮するようです。
さんさんファームでいうと、玄米ソーセージやガーリックソーセージや鹿ソーセージなど。
機械が替わると製品の食感も変わってしまうため、急激に変わらないように旧来のものを大切にしつつ、新しい機械ならではの製品もこれから作っているつもりです。
1482821246651.jpg

外国製品です。
スペイン製だったような。
刃が6枚で1分間に3000回転して、とろろーんとしたなめらかな豚肉になるそうです。
でき上がりのソーセージは「ぽりっ!」とするようです。
食べたいなー。

DSC06155.jpg

DSC06161.jpg

そういえば、野沢菜ソーセージは下準備として、野沢菜の漬け込みが終わり、野沢菜漬けが完成しました。
1月には野沢菜ソーセージがデビューの予定です。
さんさんファームの加工所には野沢菜を漬けたことがあるという人はいなくて、野沢菜漬けから勉強です。

ご飯の時にも食べるけれど、お茶菓子のひとつです。
休憩時間にお茶を飲みながら漬物を食べます。健康には悪そうですが、お茶と一緒にいただく野沢菜はとてもおいしいです。
フィリピン人のじゅんちゃんも野沢菜漬けが大好きです。
11月が寒かったから、野沢菜が柔らかくて、とてもおいしいです。

我が家の野沢菜漬けは、今年、いよいよ母からバトンを受け、私が漬けました。
長漬け30kg。ちっとも水が上がってこなくて大変でした。苦労話は15分以上話せそうです。
母に「レシピを教えて。」と頼みましたが、、「毎年、適当だもんでわからん。」と母(92歳)。
なんとか人生初めての野沢菜は完成しました。

DSC06178.jpg
posted by こゆき at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2016年08月29日

黒豚ロース味噌漬け

2015年2月に仕込んださんさんファームの味噌が完成しました。塩分が低めで、とても甘い味噌が出来上がりました。なかなかの自信作です。手作り味噌がこんなにおいしくできるとは、正直思っていませんでした。
豆から栽培したので、愛情もたっぷりです。

DSC05930.jpg

そして、できあがったのが味噌漬けの黒豚ロース肉。
少し、濃いめの味付けで白いご飯がいくらでも食べられそう。

DSC05933.jpg

写真技術が乏しく、おいしさが伝わらないのがもどかしいです。
さんさんファームの森の家の売店でただ今販売しています。ぜひ、お立ち寄りください。

posted by こゆき at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2016年02月11日

干し芋、干し柿

DSC05077.jpg

市田柿のパッキングのほかに、干し芋の製造が始まっています。
冷蔵庫は、ものを冷やしますが、さつまいもは寒さが苦手で腐ってしまいます。10度以下にならないように、暖めた部屋の中で保管しています。
低温によるさつまいもの腐りは、全くなく品質はとても良くうれしい限りです。

DSC05073.jpg

DSC05074.jpg

1月中旬から干し芋を作っていますが、まだ80コンテナほど残っていますので、これからのお楽しみです。
最近は、北風が吹いて乾きが良いのですが、玉豊になったら乾燥に少し時間がかかると干し芋主任の「Tおとうさん」が話していました。

昨年は5種類のさつまいもを栽培しました。紫いももありますし、にんじん色のお芋もあってカラフルです。
食べてみるとそれぞれ味が違って楽しめます。好きな味は人それぞれですが、私はシルクスイートの干し芋が一番好きです。
posted by こゆき at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2016年01月20日

ジュース工場見学

1453267554504.jpg

ジュース工場へ行く機会があり、工場見学させてもらいました。
白衣を着て、帽子をかぶり、工場内専用の長靴に履き替えました。まずは、手洗い。
果汁を充填するような部署では、長靴もさらに履き替え、エアシャワーをしたあとは、もう一度手洗いをし、マスクを着用しました。

写真は、ラフランスの洗浄の様子です。(さんさんファームのラフランスです。)
衛生管理が徹底された清潔な工場で製造されていて感心しました。
忙しい中ご案内いただいた社長さん、ありがとうございました。
posted by こゆき at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2015年09月25日

りんごソーセージ

事務所までの道のり、サルの集団がいました。よく見ます。
子ザルが何匹もいました。写真を撮っていると、近くでがさごそ音がして、見えない場所にたくさんいるようでした。

1443084576908.jpg

山際に電気牧柵が張ってありますが、このサルたちは、電気牧柵の中で私たちと暮らしているサルです。
しげさんちのテレビのアンテナを引っこ抜いたり、野菜を食べに来ているサルとは、また集団は別のような気がします。
とにかく、人家の近くにたくさん住んでいます。

さんさんファーム「森の家」(事務所兼加工場)では、「りんごソーセージ」を作っていました。

1443084565357.jpg

自社農園栽培のりんごが入っています。ちょっと乾燥させたものを入れています。
posted by こゆき at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2015年09月10日

バジル

DSC04859.jpg

雨が上がったので、バジルを収穫しました。ポールさんが種を蒔いたものです。
野菜畑の一角とビニールハウスの間、2か所で作りました。
バジルの続きに、レモングラスもあります。
(フィリピンのレモングラスは、もっと太くて葉っぱの幅が狭いそうです。レモングラスも、いろいろな品種があるんですね。)

1441841402836.jpg
6月末のポールさん。種まき前に、表面を平らにしています。
これから、風味豊かなバジルソーセージになります。
楽しみです。

レモングラスといえば、夕べ、ポールさんがレモングラスを使ったスープを作ってくれました。
スープの名前は、ティノーラ。今年から、私はフィリピン料理の勉強です。
posted by こゆき at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2015年02月17日

お味噌の仕込み

去年は、初めて大豆を作りました。ほんの少しです。
豚肉の味噌漬けができたらいいなーと思ってのことです。

豊丘村に住むトキさんファミリーを頼って、初めての味噌作りです。
半日だけの弟子入りです。

トキさんちを訪ねると、朝早くから大豆をゆでてくださっていて、もうすっかり柔らかくゆであがっていました。
麹はナツさん(奥さん)の手作り。感激です。

IMG_0632.jpg

麹の中に塩が入っていてかたまりもあるので、これを小さく砕きます。

ゆであがった豆と麹を計量します。混ぜやすい量で混ぜ合わせでいくそうで、トキさんの指示で今回は10回に分けて混ぜました。なにしろ、初めてなので何もわかりません。

IMG_0659.jpg

混ぜ合わせる前に、豆を砕きます。上から豆を入れると、なめらかになって出てきます。
電動もあるそうですが、混ぜ合わせの時間との兼ね合いもあり、手動でゆっくりで時間はちょうどでした。

IMG_0664.jpg

トキさんの娘のやんやんちゃんが手伝ってくれました。
大きな声でよく笑う快活な女の子でした。

IMG_0658.jpg

混ぜては、味噌のおだんごを作り、混ぜては、おだんごを作りました。
2時間で、全部の豆と麹はおだんごになりました。

IMG_0675.jpg

味噌の作り方を教えてもらった上に、お昼ご飯までごちそうになりました。
わくちゃんの手打ちうどんとナツさんの手作りの品々。
何から何まで手作りです。サラダのドレッシングの酢も自家製です。
できないことです。

IMG_0663.jpg

生地をのばす手つきがかっこいい。わくちゃんの手打ちうどんの師匠は、うどん県の方だそうです。さすが。
ゆでるのは、ナツさん。

1424175719150.jpg

腰が強くて、もっちりしたしっかりした味わいのおうどんでした。はー、おいしかった。
わくちゃんに、弟子入りしてだいどーが少しだけやらせてもらっていましたが、「小麦粉をのばすときにすごく力がいるのに、平気でやっているところがホントすごいわ。」と言っていました。
わくちゃん、たくさん、ありがとう。

お味噌ができあがるのは1年先。
楽しみです。

IMG_0681.jpg

こんなに笑ったことは、久しぶりでした。楽しいことだらけのトキさんファミリーに感謝します。
posted by こゆき at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2015年02月08日

冬のワイン会

昨日、冬のお散歩ワイン会が夕方5時から行われました。
5時から、講演会。
講師は、国際農業者交流協会の近藤将来さんで、「フランクフルトに学ぶりんごワインと町おこしについて」
ウェルカムドリンクは、昨年、近藤さんがホームステイしたドイツのシュナイダー農園のシードルでした。
ボトルには4の番号。樽の番号だそうです。りんごは、9月下旬に収穫時期を迎えるというゴールドパメーネという品種でした。
甘くて口当たりの良いシードルでした。ドイツでは、Apfelweinアッフェルワインというそうです。りんごワインという意味です。

近藤さんからは、シュナイダー農園で学んだお話がありました。消費者参加型の農園で、レストランも併設されていたそうです。
ぶどうのワインに比べて、りんごワインは地位が低く、認めてもらうまでに地道な努力をされていたことが印象的でした。ワイン用のりんごの栽培なので、人工授粉・摘果・袋かけ・葉つみ・玉回し・選果作業といったことはせず、収穫の際には棒を使って叩き落とすという衝撃的なやり方でした。

1423374763960.jpg
       講師の近藤さん(一番右)と実行委員

講演会の後は、いよいよ、町内の農家のオリジナルりんごワインの紹介と試飲会が始まりました。
定員50名を上回る方々が集まってくださいました。
りんごワインについて各農家から紹介があり、試飲します。

1423374802354.jpg

話の時間が短いため、次々と試飲が進み、早すぎるよーという声も。
りんごワインは6種類あって、4種類目くらいには、ほんのりされてきた方もちらほら・・・・。
仕込み時期やりんごのブレンドによって、趣の違う表情を持ったワインに仕上がることが実感していただけたと思います。

軽食を取りながら、アンデス音楽を聴きました。ピミエンタのお二人。

1423372146204.jpg

演奏が終わるころには、酔いも回って来て、みんなで音楽に合わせて肩を組んでゆらゆら揺れていました。
楽しい一夜でした。

1423374831840.jpg

1423630851722.jpg
ワイン会へ行ったわんちゃん「いろいろな味があっておもしろかった!」 
posted by こゆき at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2015年01月18日

干し芋作っています

1月になり、干し芋を作りはじめました。
昨年の夏から、さんさんファームで働くようになった新人Iさんは、さつまいもの一連の作業が一番体に堪えたと話していました。Iさんは、腰痛を抱えているのでそうかもしれませんね。腰痛持ちにはけっこうきついです。

保温庫が作られた2年前から、さつまいもの貯蔵はとても上手になり、寒さのために腐って捨てるというものは全くなくなりました。

まずは、玉豊から干し始めました。

IMG_0605.jpg

紫いもの出荷も2月上旬から予定が入っているため、これも少しずつやっています。

IMG_0606.jpg

さんさんファームのスタッフは、だんぜん玉豊がおいしいと誰もが思っているのですが、紫いもの干し芋をどうしても!というリクエストがあり両方作りました。
紫いもは、小さなものもありますから、切らずに丸のまま干します。

IMG_0607.jpg
posted by こゆき at 16:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 加工品

2014年10月26日

信州鹿肉ジビエドッグ

鹿肉ソーセージをはさんだホットドッグ「信州鹿肉ジビエドッグ」がベックスコーヒーショップで11月10日から期間限定で販売されるそうです。
その鹿肉ソーセージをさんさんファームで作っています。日本ジビエ振興協議会会長の藤木徳彦さん監修で、何度も試作を重ねてきました。
販売が楽しみですね。
JR東日本の駅構内などにベックスコーヒーショップはあります。
お近くの方は、ぜひお立ち寄りくださいね。
posted by こゆき at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2014年10月18日

大豆を作った

今年は、大豆を作りました。味噌を作ろうかと・・・・。
1413618147055.jpg

8月11日の大豆です。枝豆のシーズンに花が咲いていました。こんな時期に花でいいのかな?と思っていましたが、今日、無事に収穫できました。枝豆ではないからね。いいんだな。
初めてにしては、うまくいきました。
「畑ではぜるとどうしようもないから、そろそろ収穫したほうがいいに。」
だいどーと仲良しのおばあちゃんがだいどーに教えてくれました。

IMG_0509.jpg

IMG_0507.jpg

ただ今、乾燥中。
いったいどれくらいの豆が収穫できて、それがどのくらいの味噌になるのか楽しみですね。わくわくします。
posted by こゆき at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2014年10月02日

雹害南水

一番最初に収穫した南水の果樹園は、雹が降ったところです。
葉っぱが雹でたたかれて落ちたり、びりびりに破れてしまったので、樹のためにも早く収穫しようということになりました。

雹が降ったときはどうなっちゃうんだろうと思いましたが、摘果前だったことが幸いし、思ったよりはきれいな南水に仕上がりました。

IMG_0417.jpg

写真で見るとけっこうひどいですね。
雹が当たったところはへこんでいます。

IMG_0419.jpg

軽度の雹害果は出荷しております。ご理解の上、ご了承ください。
オーロラ、二十世紀梨に続いて、南水もカメムシの被害が多いです。今年はカメムシ大発生の年でした。



posted by こゆき at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2014年09月20日

大きい!梨

8月の雨続きで、二十世紀梨はぐんぐん大きくなりました。

IMG_0391.jpg

この梨は、730gもありました。こんなに大きいのは珍しいけれど、400gから500gの梨がとても多いのが特徴です。幸水が全国的に甘くなかったせいで、二十世紀梨の市場での価格はあまり良くないという話を聞きました。
こんなに涼しくなってしまうと、梨を食べたいと思わないかもしれませんが、ぜひご賞味くださいね。

カメムシの被害もあります。

IMG_0389.jpg

これは、ひどいですね。袋かけの最中、よくカメムシを見かけていましたから。

IMG_0382.jpg

二十世紀梨は、こんなふうに袋をかけてあります。
一重なので、色が透けて見えるので、熟したものから順々に収穫しています。
陽射しが濃いと、梨の色がよくわからなくて、みんな苦労しています。収穫の色をそろえることが、味をそろえることなので、収穫は慎重によく見て頑張っています。
posted by こゆき at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2014年08月26日

プルーンが割れてしまいました

オパールの次に収穫できるプルーンは、パープルアイ。
一度食べるとその虜になってしまう魅惑のプルーン。とても大きなプルーンです。

8月12日から雨の日がとても多く、パープルアイが割れてしまいました。
袋をかけてありますが、それでも割れてしまいます。
今日も雨で、いいお天気の日はあまりありませんね。

あちこちに、欠品のお詫びの電話ばかりです。楽しみにしてくださっていたみなさん、すみません。
IMG_0322.jpg

IMG_0323.jpg



posted by こゆき at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2014年08月18日

梨の試食会

夏休みが終わって、久しぶりにみんなの顔がそろいました。あちこちからのお土産があり、豪華な休憩時間でした。
今日こそは雨が降らないのかと思ったら、天気予報通り午後3時くらいに雨が降りました。もう、雨はいりません。先週12日からほぼ雨(13日以外)です。

今日は、長野県南信農業試験場で早生の梨の試食会が行われました。

IMG_0314.jpg

まず、農場で梨が実っているところを見ました。
サザンスイートのほか、香麗(こうれい)、なつみずなどがありました。

IMG_0318.jpg

「どれも甘くて、おいしかった」と社長。
さんさんファームでは、サザンスイートの苗木の育成に力を入れています。今年は、3個くらい収穫できます。南信試験場のサザンスイートは、収穫最盛期だそうなので、さんさんファームの3個も食べごろになっているかもしれませんね。

幸水のある中、サザンスイートに力を入れているのは、この梨が黒斑病や黒星病に強いので低農薬で栽培できる点です。今年は3個、来年の収穫は20kgくらいありそう??
posted by こゆき at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品