2017年10月09日

ひめかみ、無事に収穫終了

昨年、シンクイムシの被害がめちゃくちゃ多かったひめかみ、秋映、シナノスイートのシーズンがやってまいりました。
ひめかみについては、被害はありましたが昨年に比べたら状態はとても良く、無事に収穫し終えることができました。

DSC06638.jpg

防蛾灯のおかげもあると思います。
普段は桃やプルーンに点灯している防蛾灯ですが、ひめかみの果樹園に設置しました。
遠くからでも緑色の灯りは目立ちます。
秋映も順調に収穫しています。
今年の秋映は酸味が少なく甘く感じますので、秋映好きの皆さんにはちょっと物足りなく感じるかもしれませんね。
posted by こゆき at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2017年05月05日

シナノスイートのオーナー制

久しぶりに、りんごの木のオーナー制を行います。
りんごの品種は、人気のシナノスイート。

オーナーになると、ちょっとうれしい特典がありますから、多くのみなさんの応募をお待ちしています。
また、摘果や収穫などを通して、松川町に足を運んでもらえたらうれしいです。
最低保証の量は決まっていますが、どれくらい収穫できるのかは、収穫してみてのお楽しみです。

一家族で1本でも、仲良しグループ数人で1本でも構いません。
ご応募をお待ちしています。

posted by こゆき at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2017年05月04日

りんご開花

DSC06459.jpg

ようやくりんごの花が咲き始めました。
花が咲いても、剪定作業は続行中ですが(笑)
週末には、黒豚焼肉&りんごの花摘み体験のお客様をお迎えする予定ですので、標高の高い果樹園は開花が間に合わないのではと心配していました。
連休中はお天気が良さそうですので、みなさん、あちこちへお出かけされているのではないでしょうか。

隣の果樹園のおじさんが、
「連休中も働いとるのかあ。」と笑っていました。
「おじさんだって、連休、関係ないら(笑)」
あと、何ヶ所かの果樹園の剪定作業が残っています。頑張らないとね!!!!
posted by こゆき at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2017年04月25日

たんぽぽの果樹園

1493118398582.jpg

りんご畑に剪定に行くと、一面たんぽぽが咲いて、それはそれはきれいでした。
春はいろいろな花が咲いて、大好きな季節です。

一番早く花が咲く南水の人工授粉は、24日に終わっています。
ちょっと遅かったかもしれませんが、暖かくて良い日でした。
隣接している果樹園のおじさんは、「まだ、芽すぐりしてない果樹園があるけど、午後から南水の花つけだからなあ。」とおっしゃっていました。
「(人工授粉は)何回やる?」と聞かれ、きっぱり「1回」と答えました。
ここの果樹園は、去年作った花粉を使いました。
乾燥材の中に入れて、1年間冷凍しておきました。

DSC06441.jpg

DSC06442.jpg

解凍して、湿度に慣らしてから使います。
純と書いてあるのは、純花粉です。黄色い花粉のかたまりです。
昨日から、受粉用の梨の花取り作業を行っています。
posted by こゆき at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2017年04月11日

長ネギビニール袋

1491866187888.jpgりんごワイ化栽培では、早い時期からフェザー(主幹から出た細い柔らかい枝のこと)を出すことが重要になってきます。
そのために、いろいろな技術があります。

ベンディングといって、主幹を斜めにねかすことで枝を出す方法を今までやってきましたが、最近の流行は主幹にビニール袋をかけるやり方です。

これには、出荷用のねぎ袋を利用します。
頂部優勢であるために、主幹の中間部分にビニール袋をかけてそこだけ温度を上げます。
こうすると、頂部よりこの部分の芽が早く動き、枝が出ます。

最近は、こういう風景をよく見かけます。
1491866207092.jpg

さてさて、東京でのイベント「クオーゼイ」での売れ行きはお天気も悪くてだめだったようですが、ご来店くださった皆さん、本当にありがとうございました。

posted by こゆき at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) | りんご

2017年02月09日

迷う

南水の剪定や誘引の指導を受けた後は、今までのやり方と同じところもあれば違うところもあって、
「どうしたらいいのかわからなくて、手が止まってしまいます。」
とゆーこちゃん。
なおちゃんが、
「今までだってちゃんと南水が収穫できていたのだから大丈夫ですよ。」とフォロー。
剪定の先輩はさすがです。
頼もしいです。
迷ったときやよくわからないときは、しょうちゃんもゆーこちゃんも、なおちゃんを頼って相談しながら切っています。
助け合いながら剪定作業は進んでいます。

先日、町内でピンクレディーを作っている人たちが集まって、Oさんの果樹園を見せてもらいました。
Oさんは、毎年大きくて真っ赤なピンクレディーを生産していて、すごいなあと思います。
市場に出す場合は、大きなピンクレディーはとても高値がつきます。
18玉とはいいませんが、20玉や23玉のピンクレディーを作りたいものですが、去年のさんさんファームのピンクレディーはとーっても小さくてがっかりでした。

木の作り、施肥、摘果など、どれが欠けても大きくておいしいピンクレディーにはなりません。

飛び出した小さな枝の丸い芽は大きなピンクレディーに成長するので、そういった小さな飛び出した枝が出るような剪定をするべし!ということなんですが、それは難問です。
あー。わからない。難しいです。

樹勢が強くなるように、今年は切り詰めて、様子を見ることにしました。



posted by こゆき at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年11月27日

ふじ

DSC06131.jpg
posted by こゆき at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

世界初???かもしれない果樹園電動シャッター

山の果樹園では、サルによる被害は後を絶たず、頭が痛い議題になっています。
山沿いに電気牧柵を張り巡らしましたが、結局、サルはその中に平然と暮らしていて、りんごを食べています。
しげさんの家は、かなり山沿いです。しげさんの奥さんは、車で帰宅した際、車の周りをサルに取り囲まれてしまい、容易に車から降りることができなかったらしいです。
最近、サルはどんどん狂暴化しています。
怖いです。
しげさんの家と私の家は歩いて10分くらいですが、わたしの家は山際から離れているので、頻繁にサルは来ませんが、時折はぐれたサルが近所の屋根伝いにここまでくることがあります。
町営の温泉「清流苑」でも、サル対策にさんさんファームのしばやぎ「ぐり」と「ぐら」を常駐させて様子を見ています。ぐりとぐらが役立っていると良いのですが。

さて、山の果樹園のゲートが電動シャッターになりましたひらめき
以前は、道路からサルの侵入を防ぐため、道路には大きな扉があって、車から降りて開け、また、車から降りて閉めるという作業が必要でしたが、ここを耕作する人たち10軒で鳥獣害対策を行っている組合を作っていて、今回、電動シャッターに取り換えました。

1480201110838.jpg

1480201130794.jpg

1480201062978.jpg

扉の近くにリモコンがあり、車の中からシャッターの開け閉めができます。
シャッターが開くスピードが遅いと、師匠が嘆いていました(笑)師匠らしいです。
posted by こゆき at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年11月26日

どばっと初雪

DSC06120.jpg

DSC06117.jpg

おととい、雪が積もりました。
初雪だというのに、なんと15センチ!!
果樹園の土の上は、まだ雪が残っています。
11月中なので、当然りんごの収穫は残っていて、雪を踏みしめながら、ふじの収穫を急いでいます。

雪が積もってテンションが高いのは、フィリピン人のじゅんちゃん。
おとといの朝、居間に来たじゅんちゃんに
「じゅんちゃん、雪が降ったよ。」と言うと、レースのカーテンを開けて
「わー。」
「きれい。」
雪景色に感動していました。顔はにこにこです。
毎年、南国の青年たちが初めて雪景色を見て感動するので、私もいったん記憶を消して、じゅんちゃんみたいに
「わー、初めてです!」とそんな気持ちになってみたいと本気で考えたりします。
びっくりするでしょうね。
「ハロハロ(かき氷のこと)、食べ放題。じゅんちゃん、どう?」
朝ごはんの用意をしながら、二人で笑いました。

DSC06112.jpg

恒例の集合写真です。農薬散布が少ないので、病気でとっくに葉っぱは落ちてしまい、さんさんファームの果樹園はすぐにわかります。
りんごは、収穫量が激減でいい年ではなかったけれど、みんなけがや病気にならず、一年間、元気で過ごせてよかったです。
残り、もうひと月、頑張って働きますね。
posted by こゆき at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年11月18日

ふじ、虫の被害

DSC06078.jpg

DSC06081.jpg

DSC06082.jpg

DSC06076.jpg

少しですが、ふじを収穫しました。
今年は、収穫量が少ないうえに、スモモヒメシンクイなど虫の被害がひどく、出荷できるりんごの量は例年の半分以下になりそうです。
最小限での農薬散布でやっているので、しょうがないことなんですが、正直、泣きたいです。


「こんなにおいしそうなのに、もったいない。」
表面の傷なら、格外りんごとして出荷できますが、中がだめなので、今年は格外ふじの出荷もあまりできません。
蜜の入りも良くないですし、良くないことだらけです。

近所のおじさんたちは、
「りんご作りを50年以上やっとるが、こんなに良くない年は、生まれて初めてだ。」
と話しています。
りんごを作っていない人は、
「台風が来なんだで、今年のふじはいいら。」
と言ってくれるのですが、虫の被害で散々です。

予定より早くりんごの出荷が終わりそうで、大勢の皆さんにご迷惑をおかけしますが、どうぞ、ご理解いただけるようお願いいたします。

気分は、どよよ〜ん。
今はかなり落ち込んでいますが、元気を出して仕事しますね。元気だけが取り柄だからなあ。
posted by こゆき at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年11月09日

りんご欠品のお詫び

シナノスイートや紅玉、陽光などのりんごが終わるとふじの出荷までの間は、黄色いりんごのシナノゴールドを出荷していますが、収穫量が平年の約半分ほどしかなく、欠品のご連絡をして今日もお詫びをしました。
4月12日の遅霜の被害やスモモヒメシンクイの被害、また、裏年ということもあり、とても少なかったです。
本当に申し訳ありません。お詫びすることだらけです。
日本中、今年はりんごが不足しているような話も聞きます。
ふじも、かなり虫の被害があるため、出荷量は少ない見通しです。
褐斑病にもなったので、葉っぱはかなりなくなってしまいました。

ふじのご注文は、ぜひお早めにお願いします。

1478681266830.jpg
駒ヶ岳に雪が積もりました。
じゅんちゃんが、
「えぼしだけに、ゆき、あります。」
と昼ご飯の時に話してくれました。
登った山の名前は忘れないんだね。じゅんちゃん、えらいぞ。

DSC06056.jpg
赤石山脈にも雪が積もりました。吹く風が冷たく、午後からは冷え込んできました。
明日の最低気温は0度の予報です。
大豊作の市田柿の収穫は、あともう少しです。
シルバー人材センターから派遣のおじさんたちが手伝ってくれて、本当に助かっています。
おじさんたち、ありがとうございます。

posted by こゆき at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年10月07日

りんごの欠品が続いています。

りんごにシンクイムシの被害が多く、出荷できるものがわずかとなっています。
りんごが少ない状態がずっと続いています。ご迷惑をおかけして、すみません。

はー。
ため息ばかりです。

「めげずにご奮闘ください。秋のいい日もありますから。」
長年おつきあいのある方から、応援メールをいただきました。
人生は、いろいろあるから楽しいんだ。(←と、自分に言い聞かせている。)
がっかりすることもあるけれど、こうしてあたたかいメールもいただけて、それはとてもうれしい幸せなこと。

ありがとうございました。

posted by こゆき at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年09月07日

スモモヒメシンクイの被害拡大

1473227143830.jpg

次から次へと台風が来ていて、毎日天気予報が気になります。野菜も稲作も果物も、どれをとっても台風は大敵です。みなさんのところでも台風被害がないことを祈っています。

つがるが小さく収穫量がとても少なかったため、出荷が終了してしまいました。
今週は各方面の皆さんにつがる欠品のご連絡しております。予定数量が出荷できず、ご迷惑をおかけし申し訳ありません。
そして、収穫量が少なかった原因のもう一つは、スモモヒメシンクイの被害が多いからです。

ここ数年、じわじわと増えてきてはいましたが、今年のようにひどい年は初めてです。
収穫しながら「なんてひどいんだろう。」と話しています。

1473227158587.jpg

現在使用しているコンフューザーでは、スモモヒメシンクイの攪乱は難しいらしく、効果がみられません。
ふじの果樹園でも、80%くらいはスモモヒメシンクイの被害果だというところがあります。
どの品種のりんごも出荷量は少なそうで心配しています。
posted by こゆき at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年08月20日

収穫 さんさ

DSC05928.jpg

DSC05926.jpg

DSC05924.jpg

シナノレッドの収穫はほぼ終了して、現在はつがるとさんさの収穫が始まっています。
プルーンや桃は平年よりも1週間ほど早い収穫でしたが、りんごはそんなに早くないだろうと予想していました。
りんごも、梨も今年はずいぶん早い生育でりんごの着色が進んでいます。
さんさはお盆前から、かなり赤くなっていましたので、収穫作業に入りました。

摘果の遅れと雨量が少ないのと合わせて、今年のさんさんファームの早生種のりんごは小さいです。
すみません。
小さいので収穫にも出荷にも時間がかかっていて、ゆーこちゃんと二人、
「来年は大きなりんごを作ろう!!」
と今から、来年の早生りんごの摘果の進め方をこんなふうにやろうと決めています。
小さなりんごで、申し訳ありませんが味はぎゅっと凝縮されておいしいので、小玉りんごたちをよろしくお願いします。
posted by こゆき at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年07月31日

夏あかりの収穫

DSC05853.jpg

夏あかりの収穫が始まりました。
さんさ×陽光という掛け合わせの長野県生まれの夏りんごです。
収穫は、去年に続いて2年目。2年目は、さびが大量に発生するという噂でしたが、さんさんファームの夏あかりのさびは出ませんでした。
梅雨時の雨量の少なさ、地力の弱さなどから、今年の夏あかりもとても小さいです。
品種的にも180gから200gと小ぶりなりんごですが、来年はもうちょっと大きなりんごを作りたいものです。
(去年の2倍以上収穫できそうです。)

シナノレッドのようにとがった酸味がないので、食べやすくりんごらしい味わいで、この時期のりんごとしたらとても良い品種だと思います。すっぱめのりんごが好きなだいどーは、「イマイチ」と言っていますが。
恋空というりんごも3つだけ収穫できました。
来年はどれくらい収穫できるのか楽しみです。

写真の女の子は農業高校3年生のまゆちゃん。
5日間の農業研修が終わり、今日、帰宅しました。
見ず知らずの家で、ご飯を食べ、お風呂に入り、寝て、洗濯をして、そういう生活面がけっこう大変だと思います。
5日間は、清流苑祭りでソーセージを売って、梨を袋かけをし、草刈りをし、刈り取った土手草を運び出し、鶏の卵を集め、りんごを収穫し、出荷し・・・・いろいろやってもらいました。
一番大変だったのは袋かけだったそう。首は痛み、肩こりがひどかったようです。
今夜は自分の部屋でゆっくり休んでくださいね。
再会を楽しみに待っています。

追伸
じゅんちゃんがまゆちゃんに誕生日を聞きました。
フィリピン人のじゅんちゃんにとって、誕生日はとても大切な日です。
まゆちゃんは5月と答えました。
5月はタガログ語でMayoというそうです。じゅんちゃんは、びっくりしていました。
名付け親はまゆちゃんのおばあちゃん。おばあちゃんはきっとフィリピン人ですと言ってじゅんちゃんは笑っていました。

posted by こゆき at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年05月11日

来てくださって、ありがとう

ゴールデンウィークが終わりました。
春のお散歩ワイン会も終わりました。
大勢の皆さんにお越しいただき、さんさんファームの食事と一緒に松川町産のりんごワインやシードルを楽しんでいただきました。
さんさんファームでは、食事を提供すること自体初めての経験で、経験不足や至らない点もあったかと思いますが、「松川町にこんな良いところがあったのね。」(池の平と南アルプスの風景は素敵)と、
さんさんファームの場所を覚えていただけただけでも良かったと思います。
今回の貴重な経験は、今後に生かしたいと思います。

DSC05611.jpg

ゴールデンウィーク最終日、名古屋から花摘み体験と黒豚バーベキューツアーのお客様をお迎えしました。

DSC05613.jpg

DSC05616.jpg

DSC05618.jpg
(果樹園のたんぽぽは、普段見ているたんぽぽよりも茎がとても太いんだそうです)

土曜日のお天気が悪かったため、日曜日に日程を変更しましたが、都合をつけて大勢の皆さんがおいでくださいました。

シナノレッド、つがる、シナノホッペの花摘み作業でした。連続、何年もこの行事に参加してくださっているご家族もあり、びっくりしました。
1時間ほどで、りんご3列の花摘みが終わりました。毎年、ありがとうございます。
暑かったですね。
今は、こんなに小さな実ですが8月、9月にはシナノレッドやつがるは立派なりんごに育ちますので、楽しみにしていただけたらと思います。

DSC05619.jpg
posted by こゆき at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年05月06日

芸術品

DSC05594.jpg

りんごの幹に大きな穴が。

DSC05595.jpg

向こう側が見えます。

DSC05597.jpg

穴の開いた幹の真ん中には、小さなりんごの木の赤ちゃんが生えていました。
posted by こゆき at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年05月05日

りんご畑 風景

DSC05600.jpg

森の中に屋根が見えますが、これがさんさんファーム森の家(加工所兼事務所)です。

写真中央に、りんごの木があるのかないのかわからないところが、さんさんファームの果樹園です。ワイ化栽培といって、木が大きくならないタイプの木を3年前と2年前に植えたので、写真上はあまり見えません。

遠くに赤石山脈が見えます。3000m級の山の頂は白く、残雪があります。
posted by こゆき at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年04月25日

りんごの花が咲き始めました

いっせいに、りんごの花が咲き始めました。
果樹園によっては、凍霜害のため中心花がだめになってしまったものが多いです。防霜ファンがついていないところはだめですね。

シナノレッドの花が今、ちょうど見頃です。お花見するわけではないので、見ごろといってもね(笑)
お隣の果樹園では、受粉作業や花摘み作業が行われていますが、さんさんファームでは剪定作業を行っています。けっこう、肩身が狭いです。

DSC05564.jpg

DSC05566.jpg

梨の受粉作業も今シーズンは土曜日で終わりました。
最後の受粉は洋梨バラード。
いつもは、海外からの農業研修生がバラードには間に合って体験できるのですが、今年は花が早いので間に合いませんでした。フィリピンからの農業研修生は27日が受け入れ式。28日から一緒に働きます。

DSC05563.jpg

バラードの花、きれいですね。
posted by こゆき at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年01月27日

りんごの剪定講習会

1453805813592.jpg

JAの技術員北原さんをお願いして、近所のおじさんたちとりんごの剪定講習会。
参加者の果樹園を巡り、実際に説明しながら切ってくださいます。
隣の洋梨園では、JAの洋梨の剪定講習会が行われていました。
この時期、あちこちで剪定講習会が開かれています。何年この仕事をやっていても、講習会では学ぶことが多いです。
特に、りんごの剪定に関しては、新しい技術が加わって、
「へー、そんなふうに切るのか。」とおじさんたちも私もびっくりします。
枝の先端が二本に分かれていたら、片方を剪定ばさみくらいに切って、もう片方の枝は、芽を飛ばす・・・みたいな。
「おー!」っていう感じです。
何年やっていても、わからないことだらけです。

最低気温が−14℃くらいなので、9時からの剪定講習会といっても非常に寒くて、足が冷たいのなんのって。
集合場所だった鈴木さんの果樹園では、火をたいてくれてあってありがたかったです。
posted by こゆき at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご