2018年02月26日

加工品の出荷

KIMG1842[1].JPG

さんさんファームでは、瓶詰め加工製造免許を取って、自社生産の果実を使い加工まで行っています。

DSC_0025[2].JPG

レトルト製品はレトルト製造の機械がないため、製造は外注しています。
りんごと一緒に名古屋市内の取引会社へ発送しました。
日本中、働いているお母さんは多いので、温めると食べられるものの需要は高まっていると思います。
レトルト食品は、無機質な感じで誰がどんなふうに作っているのかと自分でもそう思います。
さんさんファームでは、加工部のみんながお鍋でコトコト煮ています。
でも、レトルトになっちゃうとそう感じられないので残念です。
posted by こゆき at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2018年02月25日

南水の剪定作業が続いています

7度くらいの日が続いて、日影の一部を除いて、雪はすっかり消えました。
大雪だった前回のブログの次の日、一番標高の低い果樹園へ行ってみました。

DSC_0011[1].JPG

DSC_0009[1].JPG
       標高800m

      ↓   ↓   ↓

DSC07156[1].JPG
       標高480m
DSC07158[2].JPG

これが同じ日の風景です。
自分の家の周りが大雪なら、松川町内はみんな大雪だと思っていたら、役場のあたりから下はぜんぜん雪がなくて驚きました。
「なんだ、こりゃ。」

桃やプルーンの剪定を一部終えて、南水の剪定作業に戻っています。
DSC_0028[1].JPG

DSC_0029[1].JPG

和梨、洋梨とも棚仕立てになっていて、剪定しながら梨棚にひもで固定していきます。
実をつける枝は6年ほどで若い枝と入れ替えていくので、常に更新のための若い枝を育てながらです。
太い枝は、カッターで切り込みを入れて、回転をかけながら倒します。
1発で倒すものがほとんどですが、カーブをかけてカーブの頂点の芽が動き、枝となって2年がかりで予備枝を作る場合もあります。

DSC_0026[1].JPG

InkedDSC_0027[1]_LI.jpg

2月ももうすぐ終わりで、剪定作業が進んでいないことに焦りを感じます。
いつものことだけど・・・。



posted by こゆき at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月13日

いよいよ大雪

DSC_0003.JPG

果樹園の雪がだんだんと解けてきて、地面が見えるようになったと思ったら、昨日から大雪です。
土曜日には、ラフランス園の剪定枝を燃やすことができましたが、ちょっと残ってしまいました。
続きは、まだまだ先になりそうです。
一人で枝を燃やしていたぽんさん。隣のりんご園で働いていたおじさんに、
「お茶を一緒に飲みましょう。」と誘ったそうです。
「ぽんさんが誘ってくれたもんで、一緒にお茶を飲んだぞ。」とおじさんがそう話してくれました。
すごいじゃ。ぽんさん。

さてさて、大雪なのは標高の高いここらへんくらいで、3kmほど下ると道路に雪はなく乾いているそうです。
事務所は、標高800mを超えているため40cm以上積もりました。
昨日は何度も雪かきに追われました。
昨日は、さすがに運送会社のトラックが上っていくことが無理そうで、事務所から出荷の荷物は1.5kmほど下ったところにある果樹部の出荷場まで自分たちで運んできて出荷となりました。
 
DSC_0001.JPG

いつもは、堆肥出しや堆肥の切り返しに使っているタイヤローダーが雪かきには便利です。
生活道路の除雪は、自分たちで行います。

DSC_0002.JPG

除雪した雪の山がだんだん大きくなってきました。
子供たちが小さなころは、時々かまくらを作りました。
かまくらの中に果物のコンテナをテーブルや椅子にして、うどんを食べたことがありました。
かまくらでうどんを食べたことは冬の思い出です。
泊りがけでスキーに行ったことより、強烈な思い出かもしれません(笑)

明日からは標高の一番低い果樹園へ行って、プルーンや桃の剪定をしようかと思っています。
この雪で、剪定作業が遅れてしまいました。
posted by こゆき at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月30日

ラフランスの剪定

DSC07113.jpg

ラフランスの剪定をしています。
あと少しで終わります。
雪を踏みしめて働いています。
posted by こゆき at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月24日

雪荒れ

DSC07102.jpg
             梨の木
東京では、雪による交通の乱れがあり、発送したりんごの到着が遅れています。
思ったほど、こちらでは積雪がなくほっとしています。
初めてのまとまった雪で、タイ人のポンさんはとても喜んでいました。

DSC07093.jpg

「雪の上にねます。写真、お願いします。」
というポンさんのリクエストによる写真です。
重い雪だったので、梨やりんごの木に雪が積もって、それはそれはきれいでした。
気温が低くて、さらさらの雪ではこんな風景にはなりません。

DSC07099.jpg

DSC07095.jpg

ラフランスの剪定をしていましたが、雪のため中断です。
ジュース用のりんごの選別をしたり、冷蔵庫の中のりんごの整理をしたり、芋干しを作ったりと室内での仕事となりました。
吹雪とともに台風のような強風が吹き、外に積んである空のコンテナが、何度も音を立てて崩れました。
日中は、少し気温が上がり雪がとけました。
少し暖かいと思って、温度計を見ると1度でした。
1度は暖かい(笑)。
今日と明日は真冬日になりそうです。
木曜日の予想最低気温はマイナス13度です。嫌だなあ。
posted by こゆき at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月09日

落札

使われなくなった保育園の給食室の備品の競売があり、回転釜が落札できました。

1515484083207.jpg

社長としげさんと給食室に持ちに行ったところ、近くに住んでいるTさんが落札したものを運び出しに来ていました。
新年なので、あいさつをしていろいろ話していたら、Tさんも回転釜がほしくて入札したと笑っていました。
「回転釜は落札できなんだ。落札したのは、さんさんファームだったのか。いくらで入れた?」
と聞かれました。
聞いてみたら、さんさんファームはTさんより3000円高かったです。
あぶなかったです・・・・。
もう、30年くらい使われていたもののようですが、きれいに使ってあってぴかぴか光っていました。
おいしい給食が毎日、このお鍋で作られていました。
子供の数が減って、名子地区の保育園は二つが一つに統合されて、新しくおしゃれな保育園となりました。

さんさんファームでは、ジャムなどの加工品作りに使っていこうと思います。
posted by こゆき at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月04日

今年もよろしくお願いいたします

三が日も終わり、今日から出勤という方も多いかと思います。
どこで、どんなお正月をお過ごしになりましたか?
今年も、一年、よろしくお願いいたします。

我が家では、離れて暮らしている子供たち(と呼ぶには少々年が大きい)が帰ってきて、久しぶりににぎやかなお正月となりました。
よく食べ、よく飲み、太りました。

さて、今朝の最低気温はマイナス9度。
寒かったです。
それでも、日中は気温が上がって、やぎたちを梨園へ連れて行って草を食べさせました。
乾燥草をやっていますが、新鮮な草のほうがやはり好きです。
草を食べて、お水をすーすー飲んで、お腹いっぱいのやぎたちでした。

ブログに書いたか忘れましたが、昨年から羊もいます。

DSC06860.jpg
黒くて顔がわかりませんね。

DSC06862.jpg

泥棒草を全身につけていて、汚いです。
でも、冬は良いセーターを着ているなあ、暖かそうだなあと見ています。
やぎたちと一緒に梨園で草を食べ放題でした。

今年は、戌年。
我が家の愛犬こゆき(コーギー)は14歳になりました。
老犬ですが、まだまだ元気です。

今年は、どんな年になるのでしょうかね。
りんご、和梨、洋梨、柿、桃、プルーン、さつまいも・・・・どれかがだめでも、どれかが良かったらそれで良し!
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

posted by こゆき at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月26日

ゆりちゃんと再会

農業大学で勉強中のゆりちゃんが友達のハニーちゃんとアルバイトに来ています。
9月の1ヶ月研修の時には、連日の草刈りに
「もう、腕が筋肉痛でやばいです。もう、無理です。」
と弱音を吐きつつも、最後まできっちり仕事をしていたゆりちゃんです。

DSC06685.jpg
    9月下旬 南水の収穫

DSC06667.jpg
  ハーフマラソンを走り終えたポンさんと二人    

「また、アルバイトに来ます。」と言い残して大学へ帰っていきました。
そして、冬休みになり、ゆりちゃんがやってきました。

ワイ化栽培のりんごの木の元の草刈りをして、りんごの木の根っこがネズミに食べられないように処理します。また、今回もビーバー(刈り払い機)生活です。
刃のタイプのビーバーと違い、紐タイプのビーバーは、また、ちょっと感覚が違うらしく数日はコツがつかめないと話していましたが、今では、ゆりちゃん、ひもビーバーの達人となりました。
9月のビーバー生活が役立っていますね。苦労した分、体は覚えています。
畜産部のハニーちゃんは、
「自分、こんなにビーバーが下手だと思わなかった。」と話していますが、
なんでも興味を示し、やりたいことがたくさんあるハニーちゃんがうらやましいです。

1週間で、筋肉がついたと力こぶを見せてくれました(笑)
ゆりちゃんとハニーちゃんは、梨が大好きです。
南水やラフランスやルレクチェをおいしい、おいしいと言って食べています。

DSC06903.jpg

DSC06907.jpg
ポンさんがお皿に取り分けてくれたケーキ(笑)汚い・・・・


posted by こゆき at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月17日

はるおの恋

トカラやぎのななちゃんがやってきました。
同じ地区内で飼われています。
「鹿?」とよく言われるそうです。

DSC06871.jpg

めちゃくちゃ力があって、しかも猛ダッシュするので、治りかけた腰をまたやってしまいそうでした。
おてんばななちゃんです。
ななちゃんを見て、はるおはうれしくなってしまいました。
猛アタックです。
でも、ななちゃんは知らんぷり。
春には赤ちゃんをという計画なので、2週間ほど預かることになりました。

DSC06874.jpg

近くにららもいるのですが、はるおの心はななちゃん一筋。
何を言っているのかはわからないけれど、ぶつぶつ話しています。
猛アタックの時は、よくしゃべるはるおです。

ななちゃんとはるおの子供は、4月に生まれる予定です。
トカラやぎとしばやぎのミックスやぎ。どんな顔で生まれてくるのでしょうか。
楽しみが増えました。
ななちゃんは、軽トラに乗っておうちに帰っていきました。
はるおの短い恋も終わりました。
posted by こゆき at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月15日

さんさんシードル完成です

DSC06899.jpg
       カジュアルなデザインにしました。
       くまモンかと言われましたが、
       違います。黒豚です。

さんさんファームのりんごで作ったシードルができあがりました。
恋空、夏あかり、シナノレッドなど真夏の果実をぎゅっと絞って醸造。
まし野ワイナリーで作ってもらいました。
醸造家の竹村さんには、なるべく甘口でねとお願いしてありました。
「夏のりんごでは、甘口は無理ですよ。」
と笑っていましたが、しゅわしゅわっときりっと爽やかなシードルになりました。
一口飲んで辛口で無理だという方には、りんごをすりおろしてその果汁を入れたら良いと思います。
(シードルが苦手な息子が試していた・・・・。「これは、うまい!!」)

おつまみとではなくて、お料理を食べながら、飲んでいただきたいです。
竹村さんにお聞きしたら、時間がたつと味わいにも変化があるそうです。
1年後も楽しみです。

アルコール度数は7%です。
品質の安定のため、酸化防止剤(亜硫酸塩)を含みます。

しゅわしゅわした炭酸がおいしいので、栓を開けたら必ず飲み切ってくださいね。
そして、宅配便などでお手元に届いた場合は、静かに待つ時間を作って冷やしてお召し上がりください。
振動が加わった直後に開栓すると王冠が天井まで吹き飛びますので、どうぞご注意ください。


posted by こゆき at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品