2021年07月28日

桃の収穫は順調です

DSC_0009 (1).JPG

DSC_0005.JPG

桃の収穫は順調です。
昨年の収穫量を記入したノートを見ると、せん孔細菌病でとても少なかったんだなあとしみじみ思います。
今年もせん孔細菌病があるものの、収穫量が多くうれしい年となりました。
たくさん収穫できたので、地元の直売所にも運んでいますが、南信州はくだものの里だけあって、
桃であふれています。

DSC_0013.JPG

朝5時30分に桃畑へ行くと、まだ、夜蛾よけのLEDの電気が畑を照らしています。
夜見ると、なかなかきれいです。
LEDの緑の光のおかげで、夜蛾の被害は少なくなりました。

DSC_0016.JPG

8月の桃(黄美娘)の仕上げ摘果をしたり、葉摘みをしています。
桃の葉っぱの香りは大好きです。
とてもさわやかで癒されます。
はー、いいにおい。

雨不足で、洋梨の果樹園には点滴灌水を始めました。
このあたりで、一雨ほしいです。
posted by こゆき at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) |

2021年07月22日

ポワレ&シードル

梅雨が明けたとたん、厳しい暑さとなっています。
飯田でも34度。

松川町も33度くらいだと思います。
こんなに暑ければ、ビールがおいしい。

しゅわしゅわした飲み物といったら、シードルです。
2020年度産のりんごで作ったシードルが出来上がっています。

ふじを中心に、王林、シナノゴールド、シナノホッペ、グラニースミス、
ぐんま名月、ピンクレディーで醸造してもらいました。
比較的、甘口で飲みやすく、初めてシードルを飲む方には
ぜひ、お勧めです。
アルコール度数は8%です。
よーく冷やしてお召し上がりくださいね。

DSC_0033.JPG

洋梨でしぼったポワレも完成です。
ラフランスを中心にバラードも入っています。
こちらはアルコール度数7%。
洋梨の果汁がしゅわしゅわしたお酒になるのは、なんだか不思議です。

この夜は、我が家の猫がウロウロして、写真にあるワイングラスに突撃して、
見事に割れてしまいました。

明日の朝も桃の収穫があるため、5時30分に出勤です。
今夜はこのへんで。
おやすみなさい。


posted by こゆき at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 加工品

2021年07月11日

青空!!!!

DSC_0081.JPG

昨日と今日は青空が広がり、暑くなりました。
太陽がどんなにか恋しかったです。
posted by こゆき at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2021年07月07日

蚊取り線香

南水や二十世紀梨、洋梨の袋かけ作業が終わって、晩生種の桃の袋掛け作業になっています。
袋かけチームは、袋かけを。
摘果チームは桃の摘果をしています。

雨が降らない日がなく、じとじとの毎日です。
蚊が非常に多いです。

肌を出していたらアウトですが、日焼け防止のフェイスマスクや手袋の上からも刺されるため、今日はだいどーが携帯用の蚊取り線香を買ってきました。
アウトドアで使われているものです。

私は蚊に好かれないタイプですが、ゆーこさんやだいどーは蚊からとても好かれるタイプです。
昨日はあちこち刺されてかゆそうでした。

DSC_0069.JPG

洋服が蚊取り線香のにおいになってしまいますが、
蚊に刺されるよりは、いいですね。
posted by こゆき at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) |

2021年07月02日

クワガタくん

いよいよ梅雨らしくなってきました。
今日も明日も雨が降るようです。

ひめこなつの販売が終わってほっとする間もなく、ちよひめの収穫です。
昨年の秋には古いちよひめの木を切りました。
だんだんと枯れてしまって、寿命だなあと思いました。
1本だけ残った古い木は、今年青々した葉をたくさんつけ、実もたくさんつけました。
伐採を見越して植えておいた6本のちよひめが、今年はとても大きくなり、実も大きくなりました。
来年は、通常の出荷量に戻る予定です。

DSC_0060.JPG

今年2匹目のクワガタくん。小さなクワガタでした。

さて、南水の袋かけとりんごの仕上げ摘果が同時に進行しています。
桃の仕上げ摘果もしています。

りんごでは、夏あかりが低温障害で果実の表面にさびがあります。
さびが原因で割れたものもあり、大きくなっていません。

DSC_0050.JPG

この写真の夏あかりも、もう、割れそうですね。
同じ時期に収穫できる恋空は、凍霜害の影響は全くといっていいほどなく、順調に生長しています。
花が咲くタイミングが違ったのでしょうね。恋空が元気なので助かりました。

今年も農業大学の生徒さんが二人来ていました。
前半8日間の実習が今日で終わり、大学へと戻っていきました。

農作業を一日8時間やったことがないので、長時間働くということが大変なようです。
今回は南水の袋かけと草刈り作業が主な仕事で、りんごや桃の仕上げ摘果もしました。
南水の袋掛け作業は、少しの間四苦八苦のようでしたが、コツをつかんでみるみるうちに早くなり、一緒に仕事をしていたパートさんからもとてもほめられました。
上達が自分自身で感じられることは、次への力につながります。
いいなあ、若いって。

次回は、8月の下旬から35日間です。
「35日間ももたないかも。」と弱気なことを言っていましたが、
大丈夫、大丈夫。
パートのおばちゃんたちもみんなで楽しみに待っていますよ。
posted by こゆき at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) |

2021年06月28日

ひめこなつ、完売しました

DSC_0025.JPG

ながらく、ブログを休んでいるうちにひめこなつの収穫が終わり、また、出荷もほぼ終わりました。
遅霜の影響がありましたが、収穫が終わってみれば、とても豊作でした。
天候にも恵まれ、大粒で甘い桃に仕上がりました。

急にサンプルを送ったのにも関わらず、ご注文くださった方々が多く、本当にありがとうございました。

ひめこなつは若い木が多く、伸びしろがあります。

2か所に桃園がありますが、特に若い木は小粒でしたので、
来年は大きなひめこなつになるように、摘果を頑張ろうと思います。

DSC_0019.JPG

地元の農産物直売所に納品していると、
「これは、甘いの?」とよく聞かれます。
「種のまわりが酸っぱいんじゃないの?」とも聞かれます。
すももを想像するんでしょうね。
味は、桃です。
「まるかじりでどうぞ。」と答えています。

来年への課題も見えました。
せん孔細菌病で、収穫が激減した昨年とは違い、他の品種も今年は平年並みの収穫を見込んでいます。

DSCPDC_0001_BURST20210611151424742_COVER.JPG

今シーズン、初めてのへび。
だいどーは、よくへびを捕まえてきます。

DSC_0018.JPG

多くの皆さんのおかげで、2021年最初のひめこなつを完売することができました。
皆さんに、感謝します。
ありがとうございました。
posted by こゆき at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) |

2021年06月06日

ひめこなつ、もう少しお待ちください

DSC_0009.JPG

あんなに早く花が咲いたのに、ひめこなつはそんなに早く収穫できません。
明日着を希望されていた取引先の皆さんには、1週間遅れの連絡をさせていただきました。
ご迷惑をおかけしてすみません。

4月、5月と思ったより気温が上がらなかったことが原因です。
凍霜害の影響をうけて、ひめこなつの着果量を心配していましたが、なんとか平年並みの収穫量くらいになりそうな気がしています。
収穫してみないとわかりませんが。

DSC_0012.JPG

色づき良くするために、シルバーマルチを敷きました。
相変わらず、ハクビシンとの戦いは続いています。
けっこう食べられています。
どんなことをしたら良いのかなあ。
今日、わなを仕掛けました。
(わなの免許あります。)

昨年購入した空調服の出番は5月にはほとんどありませんでした。
さわやかな日が多かったですね。
体には楽でしたが、家庭菜園に植えたきゅうりはほとんど大きくなっていません。
また、いつもはどうってことのない落花生の種まきは、ことごとく失敗に終わりました。
土壌水分量が多すぎたからですねえ。枝豆も蒔きなおしてようやく出ました!
まだまだ、野菜は初心者です。

収穫時期が近づいていますので、明日も桃畑へ行ってみようと思います。
posted by こゆき at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) |

2021年05月02日

寒い一日

5月になったというのに、最高気温は10度ほど。
雨が降ったりやんだりの一日でした。
3月はあんなに暖かかったのにねえ。4月は寒い日が多かったです。

町の防災無線からは、遅霜に注意するよう呼びかけられました。
「霜道や霜だまりには特に注意・・・・」

霜道ってありますね。たいてい同じところの気温が低くなります。
建物や高い土手があって空気の流れがよどむところは、霜だまりです。
さんさんファームにも霜だまりの果樹園があり、2年前の低温の被害は大きかったです。
ふじとラフランスとサザンスイートが被害にあいました。
今年も目通りの高さのふじはほとんど着果しなさそうです。
それでも、高い位置の花は大丈夫そうです。
明日の朝の最低気温は1〜2度くらいのようです。

南水も実が少なく、良くないです。

受精後、細胞分裂の大事な時に寒くて、どんな年になるのか心配は尽きません。

以下は4月21日の写真です。
いつもは、ゴールデンウイークに咲くりんごの花もめちゃくちゃ早く咲きました。

DSCPDC_0003_BURST20210421094225134_COVER.JPG
            夏あかり

DSC_0114.JPG
            ピンクレディー

DSC_0116.JPG
            グラニースミス

DSC_0125.JPG
            オーナーさんのふじ
posted by こゆき at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月13日

冬眠から覚める

DSC_0086.JPG

今年もかえるが冬眠から目覚める時期となりました。
さんさんファームの森の家は池の平という人工の貯水池(湖)のほとりに建っています。
毎年3月の末とか4月の初めごろから、かえるが動き始めます。

先日も車をとめて歩き始めたとたん、大きな何かがいました。
巨大なかえる!
わたしは誰もいない駐車場で絶叫しました。
「ぎゃー!」
本当に驚きました。

私のこぶしよりも大きいかえるです。
なんていうかえるなのかな。外来種かなあ。わかりません。

DSC_0087.JPG

これからもっと暖かくなると、夕方、大勢のかえるが道を歩いていて、車で引いてしまいそうになります。
かえるさんたち、気をつけてくださいね。

さて、梨の受粉作業はまだまだ続いています。
とにかく、ぱっと咲かないので一つの果樹園を3回は回ります。
受粉作業に行くたびに、お隣でも受粉作業をしています。
花粉がたくさんいりますね。
来年用の貯蔵花粉が少なくなりそうです。
posted by こゆき at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月11日

真夜中の火たき

運が悪いことに、サザンスイートの花が満開に近づくと、遅霜がやってくる・・・・。
昨日の朝は、氷点下2度まで気温が低下し、真夜中から燃焼資材を燃やす農家があちこちで見られ、なんともきれいでした。

昨日で燃焼資材を燃やす日は最後かと思われましたが、今朝も3時に起きて点火しました。
北風がびゅーびゅー吹きつけていた昨日と違って穏やかでしたが、霜が降りました。

DSC_0108.JPG

DSC_0109.JPG

氷点下になった昨日の朝は、強い北風で燃焼資材の熱もどこかへ飛んで行ってしまったような気がします。
もう、遅霜とも今日でおさらばだ!
と思っていましたが、木曜日の朝の気温が1度予想に変わってきていて心配です。

南水の花はだらだらと咲いていて、3回受粉してもまだ蕾が多いです。
「3回も受粉したで、もう嫌になってつぼみのものはあきらめた。」
という話も聞きます。
本当ですね。

明日の朝は4度予報。
温度とすればギリギリですが、今夜はゆっくり眠れそうです。

DSC_0107.JPG

プルーンの受粉作業も9日に終わりました。
今年は念入りに受粉作業をしましたが、氷点下になったので、また今年もだめかもしれません。
posted by こゆき at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) |