2016年12月26日

市田柿

1478681278205.jpg

実が4つに割れた市田柿を干しましたが、完成しました。

DSC06176.jpg

種はなかったです。ちゃんと干し柿になりました。
市田柿職人のなおちゃんが「これ、できたんですが。」と笑いながら持ってきてくれました。
4つに分かれていますが、真っ白くなって一人前の顔をしています。

DSC06174.jpg

柿の加工が始まったことろは、急に寒くなって風も吹いて絶好調でしたが、そのうち暖かい日や雨降りの日が多くなり、カビが一部に発生してしまい捨てました。
暖かい日や雨の日が続くと、硫黄燻蒸しないさんさんファームのやり方は、かなり厳しいです。

12月の注文量はとても多く、大勢の皆さんにご注文いただきありがとうございました。
posted by こゆき at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年12月10日

氷結ピンクレディー

ゆーこちゃんから、プレゼントをもらいました。
氷結PREMIUM ピンクレディーが入っています。(オーストラリア産)

DSC05998.jpg

ゆーこちゃんは、友人と一緒に買い物をしているときに、
「ゆーこちゃん、これ珍しいでしょ。」と指さされた先にあったものが、これです。
「えーっ!ピンクレディー!!!!!!!!うそでしょ。」
ゆーこちゃんのテンションは、Maxです。

「ピンクレディーの氷結!!おー!!」という感動を(笑)その友人に話すのですが、ちっともわかってもらえず、友人は違うものを買ってがっかりしたそうです。

それは、ピンクレディーを生産していないとわからないですよね。
ゆーこちゃんと「おー!」と感動を共有(笑)
見かけたら、買ってみてください。

シードルも飲んでいます。

DSC05999.jpg

DSC05896.jpg

DSC05720.jpg


posted by こゆき at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月27日

ふじ

DSC06131.jpg
posted by こゆき at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

世界初???かもしれない果樹園電動シャッター

山の果樹園では、サルによる被害は後を絶たず、頭が痛い議題になっています。
山沿いに電気牧柵を張り巡らしましたが、結局、サルはその中に平然と暮らしていて、りんごを食べています。
しげさんの家は、かなり山沿いです。しげさんの奥さんは、車で帰宅した際、車の周りをサルに取り囲まれてしまい、容易に車から降りることができなかったらしいです。
最近、サルはどんどん狂暴化しています。
怖いです。
しげさんの家と私の家は歩いて10分くらいですが、わたしの家は山際から離れているので、頻繁にサルは来ませんが、時折はぐれたサルが近所の屋根伝いにここまでくることがあります。
町営の温泉「清流苑」でも、サル対策にさんさんファームのしばやぎ「ぐり」と「ぐら」を常駐させて様子を見ています。ぐりとぐらが役立っていると良いのですが。

さて、山の果樹園のゲートが電動シャッターになりましたひらめき
以前は、道路からサルの侵入を防ぐため、道路には大きな扉があって、車から降りて開け、また、車から降りて閉めるという作業が必要でしたが、ここを耕作する人たち10軒で鳥獣害対策を行っている組合を作っていて、今回、電動シャッターに取り換えました。

1480201110838.jpg

1480201130794.jpg

1480201062978.jpg

扉の近くにリモコンがあり、車の中からシャッターの開け閉めができます。
シャッターが開くスピードが遅いと、師匠が嘆いていました(笑)師匠らしいです。
posted by こゆき at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年11月26日

どばっと初雪

DSC06120.jpg

DSC06117.jpg

おととい、雪が積もりました。
初雪だというのに、なんと15センチ!!
果樹園の土の上は、まだ雪が残っています。
11月中なので、当然りんごの収穫は残っていて、雪を踏みしめながら、ふじの収穫を急いでいます。

雪が積もってテンションが高いのは、フィリピン人のじゅんちゃん。
おとといの朝、居間に来たじゅんちゃんに
「じゅんちゃん、雪が降ったよ。」と言うと、レースのカーテンを開けて
「わー。」
「きれい。」
雪景色に感動していました。顔はにこにこです。
毎年、南国の青年たちが初めて雪景色を見て感動するので、私もいったん記憶を消して、じゅんちゃんみたいに
「わー、初めてです!」とそんな気持ちになってみたいと本気で考えたりします。
びっくりするでしょうね。
「ハロハロ(かき氷のこと)、食べ放題。じゅんちゃん、どう?」
朝ごはんの用意をしながら、二人で笑いました。

DSC06112.jpg

恒例の集合写真です。農薬散布が少ないので、病気でとっくに葉っぱは落ちてしまい、さんさんファームの果樹園はすぐにわかります。
りんごは、収穫量が激減でいい年ではなかったけれど、みんなけがや病気にならず、一年間、元気で過ごせてよかったです。
残り、もうひと月、頑張って働きますね。
posted by こゆき at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

2016年11月18日

あきちゃん、大きくなりました

1479446715685.jpg

切り株に上って、得意顔です。
まだ、1ヶ月たっていないのですが、こやぎのあきちゃんはたくましくなっています。
厳しい寒さが来る前に、ある程度大きくなるので10月生まれで良かったなあと思います。
posted by こゆき at 18:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

ふじ、虫の被害

DSC06078.jpg

DSC06081.jpg

DSC06082.jpg

DSC06076.jpg

少しですが、ふじを収穫しました。
今年は、収穫量が少ないうえに、スモモヒメシンクイなど虫の被害がひどく、出荷できるりんごの量は例年の半分以下になりそうです。
最小限での農薬散布でやっているので、しょうがないことなんですが、正直、泣きたいです。


「こんなにおいしそうなのに、もったいない。」
表面の傷なら、格外りんごとして出荷できますが、中がだめなので、今年は格外ふじの出荷もあまりできません。
蜜の入りも良くないですし、良くないことだらけです。

近所のおじさんたちは、
「りんご作りを50年以上やっとるが、こんなに良くない年は、生まれて初めてだ。」
と話しています。
りんごを作っていない人は、
「台風が来なんだで、今年のふじはいいら。」
と言ってくれるのですが、虫の被害で散々です。

予定より早くりんごの出荷が終わりそうで、大勢の皆さんにご迷惑をおかけしますが、どうぞ、ご理解いただけるようお願いいたします。

気分は、どよよ〜ん。
今はかなり落ち込んでいますが、元気を出して仕事しますね。元気だけが取り柄だからなあ。
posted by こゆき at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | りんご

焼き芋機3号

DSC06069.jpg
明日は、雨予報。
でも、松川町では19日と20日に「そば祭り」をみらい駐車場で行います。
さんさんファームでは、ソーセージを売ったり焼き芋を売ったります。
雨降りだから、お客さんは少なそうです。
「焼き芋機3号」を作りました。

銀色のたらいの中に焼き芋が焼けています。
年々、焼き芋の知名度が上がってきていて、おそばばかりではなく、焼き芋を買いに来てくださる
方もいて、ありがたいです。

焼き芋機3号の調子は良く、今日、試しに焼いてみましたが、上手にできあがりました。
良かったです。
シルクスイートの焼き芋は、甘くてしっとりぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)なめらか〜。

雨にも負けず、ぜひ、おいでくださいね。

日曜日もそば祭りはやっています。
日曜日の天気はよさそうです。
posted by こゆき at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・情報

2016年11月09日

しげさん、豚の移動

1478681330408.jpg

しげさん、一人で豚を移動中。
繁殖豚舎から、肥育豚舎への移動です。
まだまだ、子供のくろぶた達です。
しげさんのことなので、子豚に話しかけながら気長にトラックに乗せていました。
怒ったり、蹴とばしたりしないので、しげさん、本当にえらいなあ。
posted by こゆき at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶた

ヒトデ型の柿

1478681278205.jpg

「こういうのって、毎年あるよなー。」
と若者チームの誰が柿畑から持ってきた柿。
ヘタは一つで、四つの実に分かれています。
ピーラーとナイフで皮をむいて、干しました。種は入っているのでしょうか。
こんなに小さいのに、種が入っていたら、食べるところがあまりなさそうです。あせあせ(飛び散る汗)

今年は、さんさんファームの歴史上、収穫量は一番多いです。
寒くて、風が吹いて、柿の乾燥は絶好調です。
去年がうそのようです。

絶好調のこんな年は、渋い柿ができあがってしまいます。
そんな柿になってしまった場合は、「加温」します。
いろいろな方法があると思いますが、さんさんファームではのれんから下す直前に、
(天気が良い日に)ビニールハウスを閉め切ってハウス内の温度を上げます。
温度を上げることで、渋さは取れます。

もう20年以上前になりますが、渋い市田柿を作ってしまったとき、こんなふうにしたらいいよと教えてくださった方がいます。町内で大きく市田柿を栽培している方です。
コンテナに入れた柿を加温しては休ませ、何度か繰り返す方法です。
何も知らないので、どうしたら良いかわからず途方に暮れていました。
ありがたかったです。
毎年、柿のシーズンが来ると思い出します。今でも、感謝しています。
posted by こゆき at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) |